2012年09月27日

「113番目の新元素、理研が新証拠を「発見」」 「電力が足りない」と言われている中で SPring-8 をぶん回したのかなー? 私は,これは,手放しでは喜べないわー.大きな成果ではあるけれど.

Web拍手:


「113番目の新元素、理研が新証拠を「発見」」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120926-OYT1T01650.htm?from=rss&ref=rssad


理化学研究所は、113番目の新元素の合成に成功したことを示す新たな証拠を見つけたと発表した。


 日本と、米露の共同チームが「発見」を競い合っており、専門家による判定が今年末から来春にかけて下される見通しだ。27日の日本物理学会英文誌(オンライン版)に掲載される。

 理研チームは2003年から、理研の加速器で亜鉛(原子番号30)を加速してビスマス(同83)に繰り返し衝突させ、両方の核を融合させる実験を繰り返し、計3個の「新元素」の合成に成功したとしている。

 04年に米露と理研チームが相次ぎ、新元素を発見したと発表したが、国際的にはいずれもデータ不足とされ、認定されなかった。

 合成された物質はすぐに壊れて次々に別の物質に変わるが、理研チームは今回新たに合成した物質が、それ以前に作製した2個とは違う物質に変わったことを確認、理論上の予想を裏付ける変化だったため、「発見」がより確実になったとしている。

(2012年9月27日00時04分 読売新聞)



「電力が足りない」と言われている中で SPring-8 をぶん回したのかなー?
私は,これは,手放しでは喜べないわー.
大きな成果ではあるけれど.




posted by NOIKE at 15:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

「ニュートリノ「光より速い」撤回へ」

Web拍手:


「ニュートリノ「光より速い」撤回へ」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120601-OYT1T01089.htm?from=rss&ref=rssad



 素粒子のニュートリノが進む速度について、名古屋大などの国際研究グループ「OPERA」は、昨年発表した「光より速い」との実験結果を修正する方針を決めた。


 指摘されていた実験の不備を解消したうえで先月、再実験し、ニュートリノと光の速さに明確な差は出なかったという。事実上の撤回で、3日から京都市で開かれるニュートリノ・宇宙物理国際会議で報告する。

 OPERAは、スイス・ジュネーブ近郊の欧州合同原子核研究機関(CERN)からニュートリノを飛ばし、約730キロ・メートル離れたイタリアの研究所までの所要時間を測定。ニュートリノが光より60ナノ秒(ナノは10億分の1)早く到達したという結果を、昨年9月に発表した。「光速は超えられない」としたアインシュタインの相対性理論を覆すのではないかと注目された。

(2012年6月2日09時10分 読売新聞)



knoike / Kenzi NOIKE
何回かやって,一律 60ns ズレてたらしいから,GPSの誤差修正計算を間違えていたとかそんな感じだろうねー.逆にいうと,GPSちょー正確. QT ニュートリノ「光より速い」撤回へ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/QwTH9GAM at 06/02 15:48



==

2012年02月24日
「ニュートリノ超光速、CERNも間違い認める」
http://knoike.seesaa.net/article/253838457.html

2011年09月24日
「戦艦ヤマトのワープ実現可能…松本零士さん興奮」
http://knoike.seesaa.net/article/227421302.html

2011年09月24日
「コーチっ!w」 「ワープを超える新しい超高速航行法がいまふたたび!w」
http://knoike.seesaa.net/article/227420932.html

2011年09月24日
「現代物理学への挑戦…光より速いニュートリノ」
http://knoike.seesaa.net/article/227420299.html

2011年09月24日
まだ "確認" はできてない気が... .
http://knoike.seesaa.net/article/227420115.html


posted by NOIKE at 18:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

「トマトの「全遺伝情報」、初めて解読成功」

Web拍手:


「トマトの「全遺伝情報」、初めて解読成功」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5043073.html



さらに、おいしいトマトが食べられるかも知れません。

 千葉県の研究機関が参加した国際的な研究チームが、トマトが持つ、すべての遺伝情報の解読に世界で初めて成功しました。

 この研究機関によりますと、DNAの配列を読み取る、特殊な装置で解読した結果、トマトはおよそ3万5000個もの遺伝子を持つことがわかったということです。

 今回の研究によってリコピンやカロテンなど健康に欠かせない栄養素をより多く含む品種の開発や、病気や害虫に強いトマトの生産が期待されています。(31日10:34)



knoike / Kenzi NOIKE
単に「読み取った」という話ですよね? どの遺伝子が,何に,どのように効いてくるのかは,わかってない(はず).https://t.co/JNBQ5cxU at 05/31 14:31



posted by NOIKE at 20:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

「「人工細胞」自然に分裂 生命起源に迫る、大阪大」

Web拍手:


「「人工細胞」自然に分裂 生命起源に迫る、大阪大」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012040201002177.html



約40億年前に誕生した原始の細胞の膜に見立てて作った「人工細胞」が、自然に分裂することを大阪大のチームが発見し、2日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。四方哲也大阪大教授は「あらゆる生命の起源といえる原始細胞が増えていった仕組みの解明につながるかもしれない」としている。
 チームの鈴木宏明准教授らは、有機高分子物質の3%水溶液を、生物の細胞膜と同じ膜で包んだ。すると直径約10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の人工細胞ができた。
 水中で電気刺激を与えたところ、二つの人工細胞がくっつき、さらに数十秒後、自然に分裂して再び二つになった。
(共同)



posted by NOIKE at 08:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

「人工光合成できる?化学界の30年後の目標は」

Web拍手:


「人工光合成できる?化学界の30年後の目標は」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120322-OYT1T00215.htm?from=rss&ref=rssad


 日本化学会は21日、インフルエンザの万能ワクチンや二酸化炭素を燃料に変える人工光合成など、30年後までに化学で実現を目指す夢のロードマップを発表した。


 将来のノーベル賞を意識したもので、目標をはっきりさせ、異分野との連携などを図るのが狙い。

 化学研究をナノテクノロジーや医療など10分野に分け、実現している技術を踏まえて104テーマを選定。例えば、30年後には、個人別の人工臓器やがん治療薬、角砂糖サイズの大量記憶装置などが実現する可能性があると予測している。

 第一線で活躍する国内の化学者ら100人以上が作成に参加。同学会のホームページ(http://kanto.chemistry.or.jp/menu/roadmap/111018/Roadmap.html)で概要を公表している。

(2012年3月22日12時20分 読売新聞)



posted by NOIKE at 21:51 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

「ニュートリノ全体像が判明、宇宙誕生の謎に迫る」

Web拍手:


「ニュートリノ全体像が判明、宇宙誕生の謎に迫る」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120309-OYT1T00367.htm?from=rss&ref=rssad



素粒子ニュートリノの種類が変化する「ニュートリノ振動」という現象のうち、これまで唯一発見されていなかったパターンの振動を発見したと、米中などの国際研究チームが8日、発表した。


 今回の発見によって、ニュートリノ振動の全体像が判明した。

 この振動の存在は日本の高エネルギー加速器研究機構などが昨年6月、世界で初めて99・3%の確率でとらえていたが、今回の実験では発見と言える確率で確認できた。分析をさらに進めることで、宇宙誕生直後には同数あった物質と反物質が現在では物質だけになった「CP対称性の破れ」という謎の現象を解明できる可能性があるという。

 ニュートリノには電子型、ミュー型、タウ型の3種類があり、飛行中に別の種類に変化する「振動」と呼ばれる現象を起こす。その変化の仕方には3種類のパターンがあるが、うち1種類だけが発見されていなかった。

 研究チームは、中国南部にある大亜湾原子力発電所から数百メートルの距離と、1キロ・メートル以上離れた距離に測定器を設置。昨年12月から今年2月まで、原子炉での核分裂に伴い放出される反ニュートリノを観測し、その変化のパターンを調べた。

 その結果、これまで確認されている2種類の振動だけでは説明がつかない現象を99・9999%以上の確率で見つけた。この振動が確認されたことで、CP対称性の破れの存在の前提条件がそろったことになる。

(2012年3月9日12時26分 読売新聞)



==

2011年06月15日
「ニュートリノ第3の変化、宇宙誕生の謎に迫る?」
http://knoike.seesaa.net/article/209935693.html

2010年03月08日
「300キロ先で「ニュートリノ」観測」
http://knoike.seesaa.net/article/152843046.html


posted by NOIKE at 06:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

「「アイスマンはO型で胃腸弱い」研究結果」

Web拍手:


「「アイスマンはO型で胃腸弱い」研究結果」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4964961.html


knoike / Kenzi NOIKE
しかも,動脈硬化(^^;).なんだか,誰かさんのようだ. QT 「「アイスマンはO型で胃腸弱い」研究結果」 News i - TBSの動画ニュースサイト http://t.co/btMXqLla at 02/29 14:53


knoike / Kenzi NOIKE
O型で,胃腸が弱く,高血圧.おそらく動脈硬化がはじまっていることでしょうワタクシ σ(^^;) at 02/29 14:54



posted by NOIKE at 14:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

「ニュートリノ超光速、CERNも間違い認める」

Web拍手:


「ニュートリノ超光速、CERNも間違い認める」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120224-OYT1T00324.htm?from=rss&ref=rssad



 【ワシントン=山田哲朗】素粒子ニュートリノが光より速く飛んだとする実験結果について、欧州合同原子核研究機関(CERN)は23日、結果が間違っている可能性を正式に認めた。


 同機関の発表によると、国際研究グループ「OPERA」は、実験結果に影響を与えうる問題点として〈1〉時刻の補正ミス〈2〉光ファイバーケーブルの緩み――を特定した。こうした不備で結果がどう変わるか検証する実験を5月に行う。

(2012年2月24日11時10分 読売新聞)



==

2011年09月24日
「戦艦ヤマトのワープ実現可能…松本零士さん興奮」
http://knoike.seesaa.net/article/227421302.html

2011年09月24日
「コーチっ!w」 「ワープを超える新しい超高速航行法がいまふたたび!w」
http://knoike.seesaa.net/article/227420932.html

2011年09月24日
「現代物理学への挑戦…光より速いニュートリノ」
http://knoike.seesaa.net/article/227420299.html

2011年09月24日
まだ "確認" はできてない気が... .
http://knoike.seesaa.net/article/227420115.html


posted by NOIKE at 16:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「謎だらけの生態、アナゴの故郷を特定」

Web拍手:


「謎だらけの生態、アナゴの故郷を特定」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4960134.html



すしや天ぷらのネタとして、おなじみのアナゴ。実は、アナゴの生態は分からないことが多く、これまで産卵の場所が大きな謎となっていましたが、ついにその場所が特定されました。

 煮汁で煮た身をじっくりとあぶって、寿司めしの上に。そして最後に、甘だれを塗ります。豪快なアナゴにぎりです。

 東アジアに広く分布し、日本だけでなく中国や韓国でも漁獲されているアナゴ。太平洋岸でとれる10センチ以下の仔魚(しぎょ)=つまり、アナゴの子どもは「のれそれ」と呼ばれ、春の味覚になっています。

 しかし、それより前、アナゴはどこで生まれるのか謎に包まれていました。

 2007年、台湾の南東海域で「のれそれ」より小さな5センチ以下のものが確認され、アナゴの故郷は南の海だと判明。そして2008年、水産総合研究センターと東大・九州大学の研究チームによる海洋調査。沖ノ鳥島の南、380キロの海域で全長わずか5.8ミリのサンプルが採取されました。これが、今回、生後3日から4日のアナゴであることがDNA鑑定によって判明しました。

 「アジアの大発見ということでいいと思う」(水産総合研究センター 黒木洋明 博士)

 これにより、アナゴは、沖ノ鳥島の南、九州・パラオ海嶺の周辺の海域で生まれたことが特定されました。

 「アナゴの資源がなぜ増えたり減ったりするのか、そういうメカニズムの解明につながる成果」(水産総合研究センター 黒木洋明 博士)

 日本でとれるアナゴは、この15年で半分以下に減っていて、水産総合研究センターは研究成果を資源管理に活かしたいとしています。(23日16:57)



==

2011年07月11日
「産卵場所解明へ…マリアナ海嶺でウナギの卵採取」
http://knoike.seesaa.net/article/214364749.html

2011年07月10日
「天然ウナギの卵を大量採取」
http://knoike.seesaa.net/article/214182311.html

2011年02月02日
「ウナギの産卵場所を特定、グアム島の西方海域」
http://knoike.seesaa.net/article/183811475.html

2010年09月03日
「完全養殖ウナギ、2世代目も稚魚に…量産へ前進」
http://knoike.seesaa.net/article/161464930.html

2010年04月09日
ついに,ウナギの完全養殖ができるようになったのか.
http://knoike.seesaa.net/article/152843447.html


posted by NOIKE at 08:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

「切った貼ったは、光を当てるだけのゼリー状物質」

Web拍手:


「切った貼ったは、光を当てるだけのゼリー状物質」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120104-OYT1T00016.htm?from=rss&ref=rssad



手を触れることなく、光を当てるだけで、接着したり、離れたりするゼリー状の物質の開発に大阪大理学研究科の原田明教授らが成功した。


 プラスチック加工などへの応用が期待される。4日の科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」電子版に発表する。

 染料などに使われる物質、アゾベンゼンと、ブドウ糖がリング状につながったオリゴ糖の性質を利用。アゾベンゼンは、可視光を当てるとまっすぐに伸び、水溶液中でオリゴ糖内に取り込まれ、紫外線を当てると折れ曲がって飛び出ることが知られている。

 原田教授らはアゾベンゼンを「鍵」、オリゴ糖を「鍵穴」とする2種類のゼリー状物質を合成。それぞれを水中でいったん接着させた後、紫外線を当てるとオリゴ糖の鍵穴からアゾベンゼンの鍵が抜けて、バラバラになった。紫外線よりも波長の長い可視光線をあてると、鍵が鍵穴に入ったことを確認した。

(2012年1月4日07時40分 読売新聞)



posted by NOIKE at 13:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする