2013年06月07日

「作家の理解得る狙い「自炊」4社、業界団体設立」 なーんか,二重取りのような気がするなぁ.

Web拍手:


「作家の理解得る狙い「自炊」4社、業界団体設立」
http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/atmoney/20130607-OYT1T00537.htm


紙の本をスキャンして電子書籍化する「自炊」の代行業者4社は7日、業界団体「日本蔵書電子化事業者協会」を設立したと発表した。


 著作者の許諾なしにスキャンしたり、データを不正にコピーしたりした海賊版への批判が強いため、裁断した本の廃棄やデータ流出防止などのルールを作って業者に周知徹底し、自炊代行に反発している作家や出版社の理解を得る狙い。

 今後、他の代行業者にも参加を呼びかけるとともに、自炊代行を認める代わりに著作権使用料を徴収する仕組みを検討している「蔵書電子化事業連絡協議会」に対し、共通ルール作りに向けた協議を申し込む。

(2013年6月7日14時08分 読売新聞)



なーんか,二重取りのような気がするなぁ.




posted by NOIKE at 18:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

eBookJapan が,ASUS のタブレット「ASUS MeMO Pad ME172V」を書籍とセットで売り出すようだけれど,eBookJapan のオリジナルタブレット端末は,それとは別にあるらしい.

Web拍手:


「ASUS MeMO Pad ME172V:電子書籍・コミックはeBookJapan」
http://www.ebookjapan.jp/ebj/products/ebjtab/index.asp


http://www.ebookjapan.jp/ebj/information/20121204_ebookjapan_tab.asp

2012年10月31日付けニュースリリース(EBI-2012-056)にて、オリジナルタブレット端末を12月中旬頃より発売すると発表いたしましたが、諸般の事情により無期延期とさせて頂きましたので、お知らせ申し上げます。

なお、3月7日の ワールドビジネスサテライト(WBS)にて取り上げられたASUS社との取組みによる新タブレット端末については、後日発表の上、3月下旬に発売される見通しです。



eBookJapan が,ASUS のタブレット「ASUS MeMO Pad ME172V」を書籍とセットで売り出すようだけれど,eBookJapan のオリジナルタブレット端末は,それとは別にあるらしい.


==

2013年02月05日
そういえば,だいぶ前に「北斗の拳」のフルカラー版が紙で出され始まったのだけど,4巻で頓挫してしまったのですよねぇ.あれって,もはや続きは出版されないだろうから,今一度,デジタル着色で電子出版されないかなー.最後までフルカラーで観てみたい.
http://knoike.seesaa.net/article/318940099.html

2013年01月06日
eBookJapan から出される Android タブレット端末は,発売が,「2012 年 12 月中旬」から「2013 年 1 月以降」に延期されたらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/311784181.html

2012年12月21日
eBookJapan のトランクルームサービスのうち,ブラウザ越しに操作できる Web UI が使えなくらしい.トランクルーム自体は,いままでどおりに使える.「今後はアプリ内から操作してください」とのこと.
http://knoike.seesaa.net/article/309174936.html

2012年11月01日
eBookJapan から出される Android タブレット端末でなら,すべての書籍が読めるようになるのかなぁ.いまのところ,版権の(許諾の)関係で,Android 端末や iPad/iPhone からは読めない書籍がかなりの数で存在する.
http://knoike.seesaa.net/article/299958839.html

2012年11月01日
「eBookJapanがタブレット端末を近日発売 12月中旬頃発売予定」 (オリジナル?)7インチ Android 端末が出されるらしい.これは(これも)期待できそう.
http://knoike.seesaa.net/article/299956589.html

2012年09月12日
デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)が,電子書籍に進出を始めたらしい.組み立て付録のないデアゴスティーニなんて,アリなのだろーか(^^;).
http://knoike.seesaa.net/article/292208353.html

2012年07月26日
eBookJapan 用の Kobo touch とか Kobo Vox とかって出たりしないかな.
http://knoike.seesaa.net/article/283119266.html

2012年07月26日
eBookJapan のブックリーダー,「ebi.BookReader」の 4 のβ版がリリースされた.3 に比べて,トランクルームの使い勝手がだいぶよくなった.
http://knoike.seesaa.net/article/283117918.html

2011年09月02日
朔ユキ蔵の「セルフ」が,eBookJapan の電子書籍としても並び始めた.
http://knoike.seesaa.net/article/223783031.html

2011年08月30日
書籍内からのブラウザ起動も禁止なのかー. この種の誘導を禁止すると,アプリ提供者(提供社)側のメリットがかなり薄くなるので,これを理由に撤退するところって増えたりしないかなぁ?
http://knoike.seesaa.net/article/223270428.html

2011年08月30日
eBookJapan の iPhone/iPod 用リーダから eBookJapan のサイトに飛べなくなるらしい. Apple のやり方に,任天堂くささを感じる. ここまで囲い込んでしまうのは,Apple にとって得策なのかなー?
http://knoike.seesaa.net/article/223268959.html

2011年02月18日
eBookJapan で購入した書籍ファイルを,全部,トランクルームにアップロードした. 94冊あった. これで,いつでもどこからでもアクセスしやすくなった.
http://knoike.seesaa.net/article/186495023.html

2011年01月19日
eBookJapan のトランクルームは,無料になったのか. しかも,登録できる端末数が 2台から 3台に増えている. すばらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/181528651.html

2010年09月21日
つい,だらだらと「コブラ ザ・サイコガン」を観きってしまった.
http://knoike.seesaa.net/article/163286097.html

2010年04月24日
「医龍」が eBook に出ている.
http://knoike.seesaa.net/article/152843728.html

2010年02月03日
確かにあんまりのんびりしていると自分で電子化することが一般的になってしまって,商売にならなくなりそう
http://knoike.seesaa.net/article/152842586.html

2010年01月21日
「Amazon Kindle、米国外からも自費出版可能に。印税35%」
http://knoike.seesaa.net/article/152842360.html

2008年12月16日
「阿部一族」 画:佐藤宏之 原作:森鴎外
http://knoike.seesaa.net/article/152837901.html

2008年12月07日
島本和彦の「卓球社長」が ebook になっている
http://knoike.seesaa.net/article/152838007.html

posted by NOIKE at 15:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

楽天 kobo の Android アプリを Nexus 7 にインストールしてみた.まだ本を購入していないので同期処理がなかったせいか,アプリとしてはそれほど悪くない気がする.カラー表示で見やすい.

Web拍手:


「電子ブック楽天<kobo>:kobo Androidアプリ」
http://kobo.rakuten.co.jp/application/android/?scid=wi_ich_bn_20120824_rgt_13

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kobobooks.android&hl=ja


楽天 kobo の Android アプリを Nexus 7 にインストールしてみた.
まだ本を購入していないので同期処理がなかったせいか,アプリとしてはそれほど悪くない気がする.
カラー表示で見やすい.

楽天ポイントと kobo 用クーポンがもらえるらしいけれど,まだ先の話だなー.
しかも使用期限が短いので,おぼえておかないと.









==

2012年09月26日
「楽天の電子書籍サービス「Raboo」が終了へ」 早っ! "終了" というかkoboから使える電子書籍サービスへの統合ですね.
http://knoike.seesaa.net/article/294293937.html

2012年09月10日
「楽天傘下の Kobo、電子書籍リーダー「Kobo Glo」「Kobo Mini」と Android タブレット「Kobo Arc」発表、日本国内の販売は未定」 カラー表示の Kobo,「Kobo Arc」がきたー.
http://knoike.seesaa.net/article/291637842.html

2012年09月07日
そういえば,いつだったかの「コボちゃん」に「kobo」らしき電子ブックリーダーが出てきたっけなぁ.やっぱり,作者も意識してるのかな?
http://knoike.seesaa.net/article/290839908.html

2012年08月28日
「Kobo 互換機「Miho」」とか誰か出さないかなー.
http://knoike.seesaa.net/article/288880853.html

2012年07月26日
eBookJapan 用の Kobo touch とか Kobo Vox とかって出たりしないかな.
http://knoike.seesaa.net/article/283119266.html

2012年07月03日
「kobo Touch」は,楽天から買わなくてもよさそうな感じ.たとえば,Sofmap やビックカメラ,ヨドバシカメラでも買える.
http://knoike.seesaa.net/article/278621125.html

2012年07月02日
カラーで表示できる「Kobo Vox」でないところが残念ではあるけれど,「楽天 kobo Touch」って,意外といい(遊べる)んじゃないかな?
http://knoike.seesaa.net/article/278579002.html

2011年11月09日
「楽天の電子書籍ストア「Raboo」、ソニー「Reader」向け販売を開始」
http://knoike.seesaa.net/article/234378541.html

2011年11月09日
「楽天、電子書籍事業を世界展開するカナダ Kobo を買収へ」
http://knoike.seesaa.net/article/234378183.html

2011年08月30日
「楽天、電子書籍ストア「Raboo」で PC 向け販売を開始」
http://knoike.seesaa.net/article/223272341.html

2011年08月19日
楽天で「Raboo」という電子書籍サービスが始まったけれども,いまのところは,「まだまだ」という感じだなー.
http://knoike.seesaa.net/article/221101874.html


posted by NOIKE at 17:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

eBookJapan から出される Android タブレット端末は,発売が,「2012 年 12 月中旬」から「2013 年 1 月以降」に延期されたらしい.

Web拍手:


「【重要なお知らせ】端末発売延期のお知らせ:電子書籍・コミックはeBookJapan」
http://www.ebookjapan.jp/ebj/information/20121204_ebookjapan_tab.asp

eBookJapan から出される Android タブレット端末は,発売が,「2012 年 12 月中旬」から「2013 年 1 月以降」に延期されたらしい.


==

2012年12月21日
eBookJapan のトランクルームサービスのうち,ブラウザ越しに操作できる Web UI が使えなくらしい.トランクルーム自体は,いままでどおりに使える.「今後はアプリ内から操作してください」とのこと.
http://knoike.seesaa.net/article/309174936.html

2012年11月01日
eBookJapan から出される Android タブレット端末でなら,すべての書籍が読めるようになるのかなぁ.いまのところ,版権の(許諾の)関係で,Android 端末や iPad/iPhone からは読めない書籍がかなりの数で存在する.
http://knoike.seesaa.net/article/299958839.html

2012年11月01日
「eBookJapanがタブレット端末を近日発売 12月中旬頃発売予定」 (オリジナル?)7インチ Android 端末が出されるらしい.これは(これも)期待できそう.
http://knoike.seesaa.net/article/299956589.html

2012年09月12日
デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)が,電子書籍に進出を始めたらしい.組み立て付録のないデアゴスティーニなんて,アリなのだろーか(^^;).
http://knoike.seesaa.net/article/292208353.html

2012年07月26日
eBookJapan 用の Kobo touch とか Kobo Vox とかって出たりしないかな.
http://knoike.seesaa.net/article/283119266.html

2012年07月26日
eBookJapan のブックリーダー,「ebi.BookReader」の 4 のβ版がリリースされた.3 に比べて,トランクルームの使い勝手がだいぶよくなった.
http://knoike.seesaa.net/article/283117918.html

2011年09月02日
朔ユキ蔵の「セルフ」が,eBookJapan の電子書籍としても並び始めた.
http://knoike.seesaa.net/article/223783031.html

2011年08月30日
書籍内からのブラウザ起動も禁止なのかー. この種の誘導を禁止すると,アプリ提供者(提供社)側のメリットがかなり薄くなるので,これを理由に撤退するところって増えたりしないかなぁ?
http://knoike.seesaa.net/article/223270428.html

2011年08月30日
eBookJapan の iPhone/iPod 用リーダから eBookJapan のサイトに飛べなくなるらしい. Apple のやり方に,任天堂くささを感じる. ここまで囲い込んでしまうのは,Apple にとって得策なのかなー?
http://knoike.seesaa.net/article/223268959.html

2011年02月18日
eBookJapan で購入した書籍ファイルを,全部,トランクルームにアップロードした. 94冊あった. これで,いつでもどこからでもアクセスしやすくなった.
http://knoike.seesaa.net/article/186495023.html

2011年01月19日
eBookJapan のトランクルームは,無料になったのか. しかも,登録できる端末数が 2台から 3台に増えている. すばらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/181528651.html

2010年09月21日
つい,だらだらと「コブラ ザ・サイコガン」を観きってしまった.
http://knoike.seesaa.net/article/163286097.html

2010年04月24日
「医龍」が eBook に出ている.
http://knoike.seesaa.net/article/152843728.html

2010年02月03日
確かにあんまりのんびりしていると自分で電子化することが一般的になってしまって,商売にならなくなりそう
http://knoike.seesaa.net/article/152842586.html

2010年01月21日
「Amazon Kindle、米国外からも自費出版可能に。印税35%」
http://knoike.seesaa.net/article/152842360.html

2008年12月16日
「阿部一族」 画:佐藤宏之 原作:森鴎外
http://knoike.seesaa.net/article/152837901.html

2008年12月07日
島本和彦の「卓球社長」が ebook になっている
http://knoike.seesaa.net/article/152838007.html


posted by NOIKE at 15:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

紙版にはあるおまけページ(解説とかイラストとか)がデジタル版にはない,と知ったら,やっぱり紙版を買うよねぇ.そういう妙な差別化って,その出版社の評価を落とすと思うのだけどなぁ.

Web拍手:


紙版にはあるおまけページ(解説とかイラストとか)がデジタル版にはない,と知ったら,やっぱり紙版を買うよねぇ.
電子化したかったら自分でスキャンすればいいわけだし.
物理的に電子化不可能でもなんでもないものをつけないことで紙版の意義を上げるという妙な差別化って,その出版社の評価を落とすと思うのだけどなぁ.


posted by NOIKE at 14:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

eBookJapan のトランクルームサービスのうち,ブラウザ越しに操作できる Web UI が使えなくなるらしい.トランクルーム自体は,いままでどおりに使える.「今後はアプリ内から操作してください」とのこと.

Web拍手:


「Webサイト版トランクルームサービスの終了のお知らせ」
http://www.ebookjapan.jp/ebj/information/20121211_web_trunk.asp

10日くらい前の情報.知らなかった.
eBookJapan のトランクルームサービスのうち,ブラウザ越しに操作できる Web UI が使えなくなるらしい.
トランクルーム自体は,いままでどおりに使える.
「今後はアプリ内から操作してください」とのこと.


==

2012年11月01日
eBookJapan から出される Android タブレット端末でなら,すべての書籍が読めるようになるのかなぁ.いまのところ,版権の(許諾の)関係で,Android 端末や iPad/iPhone からは読めない書籍がかなりの数で存在する.
http://knoike.seesaa.net/article/299958839.html

2012年11月01日
「eBookJapanがタブレット端末を近日発売 12月中旬頃発売予定」 (オリジナル?)7インチ Android 端末が出されるらしい.これは(これも)期待できそう.
http://knoike.seesaa.net/article/299956589.html

2012年09月12日
デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)が,電子書籍に進出を始めたらしい.組み立て付録のないデアゴスティーニなんて,アリなのだろーか(^^;).
http://knoike.seesaa.net/article/292208353.html

2012年07月26日
eBookJapan 用の Kobo touch とか Kobo Vox とかって出たりしないかな.
http://knoike.seesaa.net/article/283119266.html

2012年07月26日
eBookJapan のブックリーダー,「ebi.BookReader」の 4 のβ版がリリースされた.3 に比べて,トランクルームの使い勝手がだいぶよくなった.
http://knoike.seesaa.net/article/283117918.html

2011年09月02日
朔ユキ蔵の「セルフ」が,eBookJapan の電子書籍としても並び始めた.
http://knoike.seesaa.net/article/223783031.html

2011年08月30日
書籍内からのブラウザ起動も禁止なのかー. この種の誘導を禁止すると,アプリ提供者(提供社)側のメリットがかなり薄くなるので,これを理由に撤退するところって増えたりしないかなぁ?
http://knoike.seesaa.net/article/223270428.html

2011年08月30日
eBookJapan の iPhone/iPod 用リーダから eBookJapan のサイトに飛べなくなるらしい. Apple のやり方に,任天堂くささを感じる. ここまで囲い込んでしまうのは,Apple にとって得策なのかなー?
http://knoike.seesaa.net/article/223268959.html

2011年02月18日
eBookJapan で購入した書籍ファイルを,全部,トランクルームにアップロードした. 94冊あった. これで,いつでもどこからでもアクセスしやすくなった.
http://knoike.seesaa.net/article/186495023.html

2011年01月19日
eBookJapan のトランクルームは,無料になったのか. しかも,登録できる端末数が 2台から 3台に増えている. すばらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/181528651.html

2010年09月21日
つい,だらだらと「コブラ ザ・サイコガン」を観きってしまった.
http://knoike.seesaa.net/article/163286097.html

2010年04月24日
「医龍」が eBook に出ている.
http://knoike.seesaa.net/article/152843728.html

2010年02月03日
確かにあんまりのんびりしていると自分で電子化することが一般的になってしまって,商売にならなくなりそう
http://knoike.seesaa.net/article/152842586.html

2010年01月21日
「Amazon Kindle、米国外からも自費出版可能に。印税35%」
http://knoike.seesaa.net/article/152842360.html

2008年12月16日
「阿部一族」 画:佐藤宏之 原作:森鴎外
http://knoike.seesaa.net/article/152837901.html

2008年12月07日
島本和彦の「卓球社長」が ebook になっている
http://knoike.seesaa.net/article/152838007.html


posted by NOIKE at 21:13 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

「新潮社、キンドルに配信再開「問題は解決」」

Web拍手:


「新潮社、キンドルに配信再開「問題は解決」」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121215-OYT1T00624.htm?from=rss&ref=rssad


米アマゾンの電子書店「キンドルストア」で、13日夜から配信がストップしていた新潮社の電子書籍は15日、配信が再開され、約1000点が購入可能な状態に戻った。

 同社は「運用上の問題が生じたため一時休止したが、話し合いで解決した」としている。

(2012年12月15日17時51分 読売新聞)



あっという間に解決したらしい(^^;).
「運用上の問題」は,なんだったのだろうねぇ.


==

2012年12月15日
「新潮社、キンドルから電子書籍作品引き揚げ」
http://knoike.seesaa.net/article/307777103.html


posted by NOIKE at 01:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

「新潮社、キンドルから電子書籍作品引き揚げ」

Web拍手:


「新潮社、キンドルから電子書籍作品引き揚げ」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121214-OYT1T01365.htm?from=rss&ref=rssad


日本で10月にサービスを始めた米アマゾンの電子書籍配信サイト「キンドルストア」で、13日夜から新潮社の電子書籍を購入できない状態になっていることが14日、わかった。

 同社は「見過ごすことができない問題が生じたため、作品を引き揚げた」と説明。具体的な理由は、アマゾンと交渉中のため明かせないとしている。

(2012年12月15日07時23分 読売新聞)



なんだろうねぇ.

http://www.shinchosha.co.jp/comic/
新潮社って,マンガの分野では,@バンチの会社か.
「蒼天の拳(北斗の拳)」とか「エンジェル・ハート」とかを出している COAMIX が提携している.

なんか,堅いんだよなぁ.
eBookjapan では,PC でしか読めない書籍ばかりだし.


posted by NOIKE at 15:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

「BookLive など、シニア世代/ビギナー向け電子書籍専用端末「Lideo」を発表―12月10日から販売」 8480円.E-Ink電子ペーパーなので白黒.「通信契約不要でWiMAX通信が利用可能」というところが目新しいところだけれど,これは吉と出るか凶と出るか.

Web拍手:


「BookLive など、シニア世代/ビギナー向け電子書籍専用端末「Lideo」を発表―12月10日から販売」
http://japan.internet.com/allnet/20121109/4.html

「BookLive!」
http://booklive.jp/

「BookLive!Reader Lideo」
http://booklive.jp/feature/index/id/bl121top


Lideo 本体は NEC が提供。6インチのEインク電子ペーパー端末で、約 4GB のメモリを搭載し、小説であれば約3,000冊を保存できるという。サイズは幅110×高さ165×厚さ9.4mm。重さは約170g。バッテリーは約1か月間充電無しで利用できる。

搭載されているリーダーソフトウェアは、.book や XMDF、EPUB など、国内で使用される主要な電子書籍フォーマットに対応。また、通信機能として UQ WiMAX 搭載しており、下り最大 40Mbps での高速通信が行える。WiMAX を利用する際に事前登録は不要で、通信料は BookLive が負担する。



8480円.
BookLive は白黒かぁ.
E-Ink 電子ペーパーは確かに見やすいのだけど,私はやっぱりカラーのほうがいいなぁ.
「通信契約不要でWiMAX通信が利用可能」というところが目新しいところだけれど,これは吉と出るか凶と出るか.
WiMax がつながるところばかりでもないから,基本的な使い方としては無線LAN接続だろうなぁ.
USB で PC とつながらないのは,使い勝手としては,かなり痛いのでは?


eBookJapan はカラー端末を 12月中に出すらしいけれど,どっちのほうがウケるかなー.


posted by NOIKE at 21:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

eBookJapan から出される Android タブレット端末でなら,すべての書籍が読めるようになるのかなぁ.いまのところ,版権の(許諾の)関係で,Android 端末や iPad/iPhone からは読めない書籍がかなりの数で存在する.

Web拍手:


eBookJapan から出される Android タブレット端末でなら,すべての書籍が読めるようになるのかなぁ.
いまのところ,版権の(許諾の)関係で,Android 端末や iPad/iPhone からは読めない書籍がかなりの数で存在する.
たとえば,「北斗の拳」とか.
コアミックス(ノース・スターズ・ピクチャーズ)系列は,全滅.

「コアミックス」
http://www.ebookjapan.jp/ebj/publisher.asp?publisherid=400080

「ノース・スターズ・ピクチャーズ」
http://www.ebookjapan.jp/ebj/publisher.asp?publisherid=400284



ほかにも,どこかの出版社が多くの書籍を許可していなかったなぁ.

Windows 用の ebi.BookReader(リーダーアプリ)からは読めるけれども,少々,不便なときがある.
eBookJapan は,そこがネックなんだよなぁ.
おそらくは,eBookJapan としても歯がゆく思っていてなんとかしたいところなんだろうけれど.


==

2012年11月01日
「eBookJapanがタブレット端末を近日発売 12月中旬頃発売予定」 (オリジナル?)7インチ Android 端末が出されるらしい.これは(これも)期待できそう.
http://knoike.seesaa.net/article/299956589.html

2012年09月12日
デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)が,電子書籍に進出を始めたらしい.組み立て付録のないデアゴスティーニなんて,アリなのだろーか(^^;).
http://knoike.seesaa.net/article/292208353.html

2012年07月26日
eBookJapan 用の Kobo touch とか Kobo Vox とかって出たりしないかな.
http://knoike.seesaa.net/article/283119266.html

2012年07月26日
eBookJapan のブックリーダー,「ebi.BookReader」の 4 のβ版がリリースされた.3 に比べて,トランクルームの使い勝手がだいぶよくなった.
http://knoike.seesaa.net/article/283117918.html

2011年09月02日
朔ユキ蔵の「セルフ」が,eBookJapan の電子書籍としても並び始めた.
http://knoike.seesaa.net/article/223783031.html

2011年08月30日
書籍内からのブラウザ起動も禁止なのかー. この種の誘導を禁止すると,アプリ提供者(提供社)側のメリットがかなり薄くなるので,これを理由に撤退するところって増えたりしないかなぁ?
http://knoike.seesaa.net/article/223270428.html

2011年08月30日
eBookJapan の iPhone/iPod 用リーダから eBookJapan のサイトに飛べなくなるらしい. Apple のやり方に,任天堂くささを感じる. ここまで囲い込んでしまうのは,Apple にとって得策なのかなー?
http://knoike.seesaa.net/article/223268959.html

2011年02月18日
eBookJapan で購入した書籍ファイルを,全部,トランクルームにアップロードした. 94冊あった. これで,いつでもどこからでもアクセスしやすくなった.
http://knoike.seesaa.net/article/186495023.html

2011年01月19日
eBookJapan のトランクルームは,無料になったのか. しかも,登録できる端末数が 2台から 3台に増えている. すばらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/181528651.html

2010年09月21日
つい,だらだらと「コブラ ザ・サイコガン」を観きってしまった.
http://knoike.seesaa.net/article/163286097.html

2010年04月24日
「医龍」が eBook に出ている.
http://knoike.seesaa.net/article/152843728.html

2010年02月03日
確かにあんまりのんびりしていると自分で電子化することが一般的になってしまって,商売にならなくなりそう
http://knoike.seesaa.net/article/152842586.html

2010年01月21日
「Amazon Kindle、米国外からも自費出版可能に。印税35%」
http://knoike.seesaa.net/article/152842360.html

2008年12月16日
「阿部一族」 画:佐藤宏之 原作:森鴎外
http://knoike.seesaa.net/article/152837901.html

2008年12月07日
島本和彦の「卓球社長」が ebook になっている
http://knoike.seesaa.net/article/152838007.html

posted by NOIKE at 22:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(7) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする