2016年11月04日

Eclipse の Javascriptエディターで,ソースコードの補完機能が働かなくて少しハマってしまった.直接的な原因は,org.eclipse.wst.jsdt.ui.prefs に content_assist_disabled_computers= という行があったから.なぜか,「true」も「false」も書いていなくて空欄.

Web拍手:


「Eclipse(aptana)でソース補完が機能しない場合の対処法 - ITエンジニア日記@webサービス開発中」
http://buchio.hatenablog.com/entry/2015/04/25/172317




Eclipse の Javascriptエディターで,ソースコードの補完機能が働かなくて少しハマってしまった.
上のブログ記事のおかげで助かりました.

直接的な原因は,

.metadata/.plugins/org.eclipse.core.runtime/.settings/org.eclipse.wst.jsdt.ui.prefs



content_assist_disabled_computers=

という行があったから.なぜか,「true」も「false」も書いていなくて空欄.
これを,

# content_assist_disabled_computers=

とコメントアウトして,いま開いている .js ファイルを一旦閉じて,あらためて Javascriptエディターで開き直したら Ctrl+space での補完機能が働くようになりました.


Eclipse を 4.5 から 4.6 に上げるときに「古い workspace だと悪影響があるかもよー」みたいな警告が出たから,間接的な原因はそれかなぁ?
適当な機会に,一旦,workspace を消してしまおうかな.リポジトリ URL とかおぼえておいてくれている情報が消えてしまうのでそのまま古い workspace を使い続けてきたけれど,何か自分の管理していないところに原因がある悪影響は,発生する可能性自体をなるべく減らしたい.






【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 22:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック