2014年08月30日

「水を入れるだけで電気が 世界初、紙製容器でできた「マグネシウム空気電池」 災害時を想定」 「古河電池と凸版印刷」「最大電気量は300Wh。USBタイプの出力端子を2個装備し、スマートフォンを最大30回充電できるとしている。」

Web拍手:


「水を入れるだけで電気が 世界初、紙製容器でできた「マグネシウム空気電池」 災害時を想定 - ITmedia ニュース」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/29/news125.html


古河電池と凸版印刷は8月29日、世界で初めて紙製容器でできた非常用マグネシウム空気電池「マグボックス」を共同で開発し、12月中旬に古河電池から発売すると発表した。



マグネシウムを負極物質、空気中の酸素を正極物質とし、海水や水を入れるだけで発電できる電池で、最大電気量は300Wh。USBタイプの出力端子を2個装備し、スマートフォンを最大30回充電できるとしている。





【発電, 蓄電の最新記事】
posted by NOIKE at 18:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 発電, 蓄電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック