2014年05月26日

「「難病医療法が成立、難病対策42年ぶり大改革」」

Web拍手:


「「難病医療法が成立、難病対策42年ぶり大改革」 News i - TBSの動画ニュースサイト」
http://news.tbs.co.jp/20140523/newseye/tbs_newseye2207944.html


難病患者の医療費助成の対象を大幅に広げる「難病医療法案」が、23日の参議院本会議で、賛成多数で可決・成立しました。難病対策の法制度としては42年ぶりの大改革となります。

 「難病医療法」の新制度では、難病の助成対象が現在の56疾患からおよそ300疾患まで広げられ、一定以上の重い症状があるおよそ150万人が助成を受ける見通しです。

 今後、厚生労働省では、この300疾患にどの難病を入れるか、第三者委員会で選定を進めますが、対象となった患者は医療費の自己負担が3割から2割に引き下げられます。

 ただし、患者によっては現在よりも自己負担が増えるケースが予想されているほか、主なものでおよそ600あると言われる難病疾患のうち、半分は助成の対象外となります。

 このため、患者からは、難病の種類によって助成の対応に差が出るのは不公平だとの声もありますが、全国の患者団体をまとめる代表は、42年ぶりの大改革を歓迎しています。

 「私たちの現在の負担が少し増えても、よりたくさんの難病をこの対策の中に入れる、そういう法律を作ろう。そういう法律が欲しいんだという声を集めて、運動してきた。私たちも少し負担をしてでも、たくさんの病気を難病対策の中に入れていきたいと。42年ぶりの改革、初めて法律というものにするという目標に掲げてやってきて、それが実現したということは素晴らしいことだと思う」(日本難病・疾病団体協議会 伊藤たてお代表理事)

 新制度での助成は来年1月以降に開始される見通しです。(23日16:28)





【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 12:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック