2014年03月03日

「東大発ベンチャーAgIC、家庭用プリンターで作れる電子回路作成キットをKickstarterで事前予約スタート」 「プロトタイピング」と「基板発注」との間に,もうちょっと手軽な「何か(段階)」がほしいと思っていたのだけど,家庭用プリンタで回路を「印刷」できるのであれば,その段階を埋めることができるのかも.

Web拍手:


「東大発ベンチャーAgIC、家庭用プリンターで作れる電子回路作成キットをKickstarterで事前予約スタート - ライブドアニュース」
http://news.livedoor.com/article/detail/8590716/


AgIC株式会社は、銀ナノ粒子インクを利用して、市販の家庭用プリンターで電子回路を簡単に印刷できる「AgIC Print」キットを開発し、米国クラウドファンディング最大手Kickstarter(キックスターター)にて製品の事前予約を開始しました。



これまで、専門のプリント基板の製造業者に依頼していたような電子回路を、家庭用のプリンターを用いて簡単に自分で作成することができます。



AgICは、東京大学の川原圭博准教授の研究成果をベースに、銀ナノインク、専用の印刷用紙、LEDやスイッチなどの部品をまとめてキット化し、プロトタイプ開発に必要なセットを提供します。2014年3月3日より、Kickstarterでプロジェクトを公開し、事前予約を開始しました。8月頃に製品出荷予定。目標金額は、3万USドル。



Kickstarterでは、セッティング済みの回路印刷プリンターを599ドルで出品しますが、それを含めて大きく3種類の事前予約製品があります。
(1) USB名刺: PCなどのUSBに挿すことでLEDが光る名刺サイズのカードで、12ドルで決まった内容、29ドルでオーダーメイドの名刺それぞれ1シート(12枚)をお届けします。
(2) 導電性ペン: 描くだけで回路が作れる導電性ペンと専用の印刷用紙のセットで、筆ペン式のものが19ドル、マーカー式のものが29ドルです。
(3) 回路プリントキット: 家庭用のプリンターで回路印刷を行うためのキットで、プリンター別売でインクや工具などが同梱されたDIYセットが299ドル、調整済みの回路プリンターが599ドルです。



「AgIC Print - Printing circuit boards with home printers by AgIC Inc.」
https://www.kickstarter.com/projects/1597902824/agic-print-printing-circuit-boards-with-home-print




とりあえず,導電性ペンがほしいなー.
USB名刺も,いいかもしれない.
AgIC のサポーターカードが 12枚で 12ドル,オーダーメイド内容で 29ドルらしい.
オーダーメイドのほうは,いわゆるビジネス名刺っぽく,自分の名前や所属,連絡先などを入れられる.
でも,ちょっと AgIC の表記が大き過ぎるような気もするなぁ.


「ブレッドボードによるプロトタイピング」と「基板発注」との間に,もうちょっと手軽な「何か(段階)」がほしいと,ずーっと思っていた.
家庭用プリンタで回路を「印刷」できるのであれば,その段階を埋めることができるのかも.

最近のプリンタは,インクカートリッジに IC が入っていて詰め替えしづらいよなぁ,どうするのかなぁ,と思っていたら,詰め替えインクで問題が少ない Brother のプリンタを使っていた.
そうなるよねぇ.


==

2013年11月27日
「電子回路が作れる 3D プリンタ「EX1」、Kickstarter で目標額達成」 技術的な困難さや目新しさは,さほどないような気がするなぁ.安くはないような気がするし,Kickstarter で出資を募るほどの企画でもないような気もする.ひとまず,様子見.
http://knoike.seesaa.net/article/381328715.html




【電子工作の最新記事】
posted by NOIKE at 21:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック