2014年01月30日

「着るだけで生体情報の連続計測を可能とする機能素材“hitoe”の開発及び実用化について | NTTドコモ」

Web拍手:


「報道発表資料 : 着るだけで生体情報の連続計測を可能とする機能素材“hitoe”の開発及び実用化について | NTTドコモ」
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/01/30_00.html


着衣するだけで心拍数・心電波形などの生体情報を取得できる機能素材“hitoe”を開発、実用化いたしました。また、株式会社NTTドコモ(東京都千代田区永田町2丁目11番1号、代表取締役社長:加藤かおる、以下、ドコモ)は2014年中を目途に、“hitoe”を利用した生体情報計測用ウェアとスマートフォンなどを活用したサービスの提供を開始する予定です。



“hitoe”には、human(人間)、intelligence(情報・知能)、to(〜のほうへ)、expand(拡張する)という意味があり、“hitoe”の文字には、人の姿や動きが感じられるように創造しています。hは座り、iは立ち、tは跳び、oは二人が手を取り合い、eは胎児のような、一文字一文字にもイメージがあり、人のつながりが新たな命を運ぶという願いを込めています。更には、一枚の布、単衣(ひとえ)の無限の可能性という意味も込められています。



PEDOT-PSS注意1 を用いた導電性布を技術基盤に、生体情報計測用ウェアに適した人体のセンシングインターフェース設計技術を確立しました。



“hitoe”を用いたインナーには、体型差をカバーするため、着用者のサイズが多少異なってもほぼ一定の着圧が得られるように、設計技術を活かしたストレッチ素材を用いています。





「東レとNTT、人体の電気信号検出できる繊維素材を共同開発」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2115602.html


繊維・化学メーカー大手の東レと通信最大手のNTTは人の体の中に流れる電気信号を検出できる新しい繊維素材を共同開発したと発表しました。

 東レとNTTが共同で開発した新しい繊維素材は、電気を通す性質をもっているため、人の体の中に流れている電気信号を検出することが可能です。現在、この新しい繊維素材を加工して、心拍数や心電図をはかることができるシャツの開発などが進められています。また、NTTグループのNTTドコモは、今年中にこの新素材でつくったシャツとスマートフォンを連携させた新しいサービスを提供する予定です。

 東レとNTTは「将来的にはスポーツや介護の分野での実用化をすすめていきたい」としています。(30日14:32)





「速報:東レとNTT、着るだけで生体信号が取れる繊維 hitoe 開発。ドコモが年内にスマホ連携開始」
http://japanese.engadget.com/2014/01/29/ntt-hitoe-2014-hitoe/


写真中でオレンジ色の部分はただの一般的な繊維で、貼り付けられた白い名刺サイズのものが hitoe です。これを導電性のラインで結んでいます。既存のTシャツにアップリケしたような状態ですが、将来的には、より違和感のない形のものになる見込み。









【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 16:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック