2013年12月26日

「筋肉が骨に変わる希少難病、iPS細胞で再現」

Web拍手:


「筋肉が骨に変わる希少難病、iPS細胞で再現」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131226-OYT1T00672.htm


筋肉などが骨に変わる希少難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の患者の皮膚からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、骨に変わっていく病気の特徴を再現できたと、京都大の研究チームが25日、発表した。


 国際難病専門誌の電子版に掲載された。

 FOPは遺伝子変異が原因で、筋肉やじん帯などの軟らかい組織が徐々に骨に変わる。歩行困難になり、激しい痛みも伴う。200万人に1人が発症し、国内に50〜70人の患者がいる。

 患者から骨になった組織を採取すると症状が悪化するため、病気の特徴を再現する研究が進まなかった。

 京大iPS細胞研究所の戸口田淳也教授らが、患者5人から皮膚を採取し、iPS細胞を作製。骨への変化を促す試薬を加えると、健康な人のiPS細胞に試薬を加えた場合より多くの骨ができた。

(2013年12月26日14時52分 読売新聞)



再現できたのかどうか,まだわからないような気がする.
筋肉から骨に変化することを再現できたわけじゃなさそうだし.




【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 22:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック