2013年10月31日

「生活習慣病治療へ効果期待の化合物、東大教授ら発見」 「アディポネクチン」.飲み薬にして効く可能性があるらしい.

Web拍手:


「食事制限・運動なしでメタボ治療…マウスで効果」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131030-OYT1T01463.htm


肥満が原因で発症する糖尿病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を治療する薬の候補物質を見つけたと、東京大の門脇孝教授(糖尿病・代謝内科学)らの研究チームが発表した。


 心臓病の合併など様々な事情で運動や食事制限ができない人に朗報で、飲み薬を目指して5年以内に臨床試験を始める。研究成果は31日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

 肥満の人では、アディポネクチンという「善玉ホルモン」の分泌が減り、糖尿病やメタボにつながることが知られている。アディポネクチンを薬にできれば糖尿病などを改善できると期待されるが、構造が複雑なため、飲み薬としての量産は難しかった。

 研究チームは、飲み薬として使えそうな数百の化学物質を試し、アディポネクチンと似た働きをする物質を発見。脂肪の多い食事で太って糖尿病になったマウスに物質を飲ませて、効果を検証した。その結果、マウスの食べる量や体重に変化はなかったものの、血糖値や中性脂肪の濃度が下がった。肥満による筋力低下を抑える効果もみられた。

(2013年10月31日03時03分 読売新聞)





「生活習慣病治療へ効果期待の化合物、東大教授ら発見」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2043234.html


肥満に伴う、メタボリックシンドロームや糖尿病など生活習慣病の治療への効果が期待される化合物を東京大学の教授らが発見しました。

 これは、東京大学医学部付属病院の門脇孝教授らの研究チームが、マウスを使った実験などで明らかにしたものです。

 肥満になると、脂肪細胞から出るアディポネクチンという特定のホルモンの血液中での濃度が低下することにより、メタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病の一因となります。

 研究チームでは、このホルモンと同じような働きをする化合物を突き止めることに成功しました。マウスにこの化合物を飲ませたところ、血糖値が低下し、脂質の代謝が改善したほか、肥満のマウスの運動能力や寿命の改善も見られたということです。

 肥満に伴う病気への治療効果が期待され、研究チームでは5年以内にヒトでの臨床研究を実施したいとしています。(31日03:06)



「アディポネクチン」.
飲み薬にして効く可能性があるらしい.




【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 18:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック