2013年10月09日

「アメリカで新100ドル紙幣発行、3D技術で偽造防止」

Web拍手:


「アメリカで新100ドル紙幣発行、3D技術で偽造防止」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2025802.html


アメリカで、17年ぶりに新しい100ドル紙幣が登場しました。偽造防止の最新技術が駆使されています。

 中央の青いリボンの内側に3Dの技術を導入し、見る角度によって数字の100と図柄が入れ替わるなど、後を絶たない偽造への対策が強化されています。(09日11:58)





「新しい100ドル紙幣が登場、偽造困難に 米」
http://www.cnn.co.jp/usa/35038200.html


ニューヨーク(CNNMoney) 米国で新しい100ドル紙幣が8日にデビューする。当初は2011年に登場予定だったが、10年に印刷上の問題が発覚し、発行がずれ込んでいた。
米国では政府機関の一部閉鎖が続いているが、米連邦準備制度理事会(FRB)は閉鎖の対象外となっているため100ドル紙幣の発行も影響を免れた。
新紙幣は本物かどうか見分けやすくしながら、偽造を難しくする対策を施している。中央には青い3Dの帯を入れ、「100」の文字とインク壺(つぼ)の図柄には、傾けると色が赤銅色から緑色に変わる特殊なインクを使った。
ベンジャミン・フランクリンの肖像画は現在の紙幣と同じだが、背景のデザインは変更された。
米国では偽造を防ぐ目的で、1ドル紙幣と2ドル紙幣を除く全紙幣のデザインが過去10年の間に刷新されている。
100ドル紙幣は1ドル紙幣に次いで流通量が多く、昨年12月31日現在のFRBの統計によれば、1ドル紙幣の流通量は103億枚、100ドル紙幣は86億枚、20ドル紙幣は74億枚だった。
1996年に発行された現在の100ドル紙幣も引き続き利用でき、まだ当分の間は出回る見通し。ただし8日以降に銀行がFRBから受け取る100ドル紙幣はすべて新デザインの紙幣となる。



==

2013年02月14日
「偽造が困難、人工 DNA を使った印刷用インキを DNP などが開発」 正規のモノであることを識別するのに必要な時間はどれくらいなのだろう?
http://knoike.seesaa.net/article/322461176.html

2010年04月23日
あっ,「元大統領」を消して直してある(笑).
http://knoike.seesaa.net/article/152843384.html

2010年04月22日
あれ,ベンジャミン・フランクリンって,大統領になったっけ?
http://knoike.seesaa.net/article/152843387.html




【科学, 技術の最新記事】
posted by NOIKE at 15:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック