2013年09月08日

「性別決定に新たな遺伝子…京大、理化学研が確認」

Web拍手:


「性別決定に新たな遺伝子…京大、理化学研が確認」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130906-OYT1T00729.htm


哺乳類の性別は「X」と「Y」という二つの性染色体の組み合わせによって決まるが、これら以外の染色体にも、性別の決定に欠かせない遺伝子があることを確認したと、京都大や理化学研究所などの研究チームが発表した。

 6日の米科学誌サイエンスに論文が掲載された。

 動物の性別が決まる仕組みは多種多様で、魚類では成長に伴って性転換する種類もある。これに対し、哺乳類の性別は厳密であり、受精の段階で細胞核にXとYの染色体が1本ずつあれば雄に、X染色体2本だと雌になる。

 ところが立花誠・京大准教授らは、発生過程のマウスの実験で、XでもYでもない第6染色体にある遺伝子「Jmjd1a」を働かないようにすると、Y染色体を持っていても約6割が雌になり、子どもも産むことを確認した。この遺伝子は人でもX、Y以外の第2染色体にある。

 性別を決める遺伝子としては、Y染色体にある「SRY」が知られており、雄の生殖器官を形成するよう指令を出す。

 今回の研究では、Jmjd1aが、SRYに活動を始めるように促しており、雄になるのに欠かせない遺伝子であることがわかったとしている。

(2013年9月6日18時36分 読売新聞)





【自然, 生物の最新記事】
posted by NOIKE at 17:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然, 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック