2013年08月17日

「東京都、48施設で中部電力系会社から供給へ」 「中部電力が80%を出資する予定の新電力「ダイヤモンドパワー」」 3億円/年も節約できる見込みなのか! ホントだとしたらすごい話だなぁ.

Web拍手:


「東京都、48施設で中部電力系会社から供給へ」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2005699.html


東京都は今年の10月から48の施設の電力供給先を東京電力から中部電力系の新電力に切り替えると発表しました。猪瀬都知事は「電力自由化の突破口を作っていく」としています。

 東京都によりますと、電力供給先を切り替えるのは「都立中央ろう学校」や「都立中央・城北職業能力開発センター」など48の施設です。10月1日以降、東京電力ではなく、中部電力が80%を出資する予定の新電力「ダイヤモンドパワー」からあわせておよそ1万キロワットの電力の供給を受けるということです。

 大手電力会社から地域を越えて電力の販売を受けるのは異例のことで、猪瀬都知事は「電力自由化の突破口を作っていく」としています。東京都は10月からあわせて271の施設で電力供給先をダイヤモンドパワーを含む新電力4社に切り替える予定で、年間およそ3億円の節約になると見込んでいます。(16日22:15)



3億円/年も節約できる見込みなのか!
ホントだとしたらすごい話だなぁ.




【発電, 蓄電の最新記事】
posted by NOIKE at 01:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 発電, 蓄電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック