2013年03月02日

「「キタノ」「ミナミ」…野生メダカ2種に和名」 日本のメダカは 2種類いたのかー.

Web拍手:


「「キタノ」「ミナミ」…野生メダカ2種に和名」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130301-OYT1T01333.htm?from=rss&ref=rssad


神奈川県立生命の星・地球博物館は1日、国内の野生メダカ2種に、生息地域にちなんで、それぞれ「キタノメダカ」「ミナミメダカ」という標準的な和名を付けたと発表した。


 国内の野生メダカは1種だけと考えられてきたが、同博物館の瀬能宏・専門学芸員と近畿大チームが共同で、青森県から京都府の日本海側などに分布する「北日本集団」と、本州の太平洋側や九州などに生息する「南日本集団」の遺伝子などを詳しく調べ、別種と判断。北日本集団を新種として、2011年12月にドイツの魚類学専門誌に論文を発表した。

 瀬能学芸員は「名前が同じでは放流などで混乱が生じかねなかった。2種とも絶滅危惧種なので、これを機に適切な保護につながれば」と期待する。

(2013年3月2日08時57分 読売新聞)




遺伝子などを詳しく調べ、別種と判断。


おぉっ,そしたら確定か.
日本のメダカは 2種類いたのかー.


【科学, 技術の最新記事】
posted by NOIKE at 21:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学, 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック