2012年04月21日

「元気な乳児が急に心不全、死に至る病気見つかる」

Web拍手:


「元気な乳児が急に心不全、死に至る病気見つかる」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120420-OYT1T01021.htm?from=rss&ref=rssad


元気な赤ちゃんが急に心不全を起こし、最悪の場合は死に至る病気が、厚生労働省研究班の全国調査で見つかった。


 研究班の主任研究者を務める国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)の白石公・小児循環器部長らが20日発表した。

 左心室の「僧帽弁」を引っ張る糸状の組織が突然切れ、弁が閉じなくなって血液が逆流。全身に血液を送る左心機能が低下し、風邪のような症状が出てから2、3日で、血液循環や呼吸の状態が悪化する。肺炎と誤診されやすいが、早期発見して弁形成などの手術を行えば救命できる。

 調査は、全国の小児病院など338施設から症例を収集。患者は1995〜2010年の16年間で88人に上った。生後4〜6か月が8割を占め、春と夏に集中。6人が死亡し、10人に発達の遅れなどの後遺症が生じた。原因は感染症、弁の先天異常などが疑われるが、はっきりしないという。

(2012年4月20日21時24分 読売新聞)




knoike / Kenzi NOIKE
また読売は誤認を誘発する見出しをつける.見つかったわけじゃなくて,原因のひとつが明らかになったんでしょ.病気自体は昔から見つかっている. QT 元気な乳児が急に心不全、死に至る病気見つかる : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売 http://t.co/AVwuZ3LR at 04/21 10:27





【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 15:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック