2011年12月22日

「地球とほぼ同じ大きさ・岩石質…惑星2個を発見」

Web拍手:


「地球とほぼ同じ大きさ・岩石質…惑星2個を発見」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111221-OYT1T00411.htm?from=rss&ref=rssad



 地球とほぼ同じ大きさで地球に似た岩石質の惑星2個を米航空宇宙局(NASA)などの研究チームがケプラー宇宙望遠鏡で発見した。

 太陽系外で発見された惑星の中では最も小さい。21日の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。

 2個の惑星は地球から約950光年離れた場所にある。ともに太陽によく似た「ケプラー20」という恒星の周りを回っており、「ケプラー20e」と「ケプラー20f」と名付けられた。20eの半径は地球の0・87倍、20fは同1・03倍。それぞれ6・1日、19・6日で恒星の周りを公転している。

 研究チームは、2個の惑星は地球に似た岩石でできていると推定。特に20fは、水蒸気を含む大気がある可能性もあるという。

(2011年12月21日11時18分 読売新聞)



【天文, 天体の最新記事】
posted by NOIKE at 00:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 天文, 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「12光年先に地球型の惑星、生命存在する可能性」
Excerpt: 「12光年先に地球型の惑星、生命存在する可能性」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121220-OYT1T00648.htm?from=rss&..
Weblog: とりコー
Tracked: 2012-12-20 23:09