2011年12月02日

「第1回ニコニコ学会β 5thセッション「研究してみたマッドネス」」の発表者の一覧は, http://atnd.org/events/22419 の右にある,ツイート一覧っぽい列がそうらしい.

Web拍手:


「第1回ニコニコ学会β 5thセッション「研究してみたマッドネス」」の発表者の一覧は,
http://atnd.org/events/22419
の右にある,ツイート一覧っぽい列がそうらしい.

それと,当日のニコニコ学会用ニコ生のページは,
http://live.nicovideo.jp/watch/lv72478844
らしい.


==

2011年11月21日
「第1回ニコニコ学会βシンポジウム」は,2011年12月6日(火)13:00〜20:00.
http://knoike.seesaa.net/article/236342275.html

2011年07月23日
「消えゆく学会 〜問い直される学会の役割と社会との関係性〜」
http://knoike.seesaa.net/article/216301157.html

2011年01月30日
「学会に論文を投稿する」という行為も,近い将来に出版業界と似たような状況に陥る気がする.
http://knoike.seesaa.net/article/183167258.html

2010年08月16日
学生さんよりも,教職員のコピペとか二重投稿とかのほうが問題. それでお金をもらっているわけだし,身分の源にもしているわけだから.
http://knoike.seesaa.net/article/159621009.html

2010年02月15日
日本の大学でも,そう.
http://knoike.seesaa.net/article/152842528.html

2008年10月15日
シングル・ブラインド方式
http://knoike.seesaa.net/article/152835811.html

2007年07月13日
Scriptovia
http://knoike.seesaa.net/article/152830647.html


【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 14:13 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「無料でネイチャーの論文すべてが閲覧&共有可能に」 「フルテキスト学術論文の無料閲覧は、学術論文閲覧ソフトとして高い評価を受けている「ReadCube」を使ってオンライン上で可能になる予定。」 出版社,学会が,次々とつぶれそうだなぁ.
Excerpt: 「無料でネイチャーの論文すべてが閲覧&共有可能に - GIGAZINE」 http://gigazine.net/news/20141203-macmillan-publishing-initiati..
Weblog: とり茶
Tracked: 2014-12-04 01:45