2011年10月20日

「パナソニックTV「瀕死の重傷」…苦しむ日本勢」

Web拍手:


「パナソニックTV「瀕死の重傷」…苦しむ日本勢」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111020-OYT1T00183.htm?from=rss&ref=rssad



 世界のテレビ市場で約8%のシェア(市場占有率)を持つパナソニックが、テレビ事業を大幅に縮小することは、ソニーやシャープなど他のテレビ大手の戦略にも大きな影響を与え、国内大手が上位に顔を出していた世界の勢力図が塗り替えられることになりそうだ。

 パナソニックのテレビ事業の現状を、首脳の一人は、「瀕死
ひんし
の重傷」と表現した。

 1952年に生産を始めて以来、約60年にわたって経営の屋台骨を支えてきた。

 だが、販売台数では新興国向けの需要拡大は今後も期待できるが、日本での地デジ完全移行の特需が終了するなど、先行きは暗い。販売価格でも、韓国勢などとの価格競争にさらされ、最近は1年間で3割も値下がりした。テレビ事業縮小に伴う人員削減は、テレビ事業などの社内分社「AVCネットワークス社」などが対象となる。

 他の日本メーカーも、テレビ事業の苦戦が続く。

 世界のテレビ市場で日本勢の合計シェアは、2005年は約48%を占め、韓国勢の21%を大きく上回っていた。だが、10年は日本勢の38%に対し、韓国勢は36%と、ほぼ並ばれ、その後逆転された。日本メーカーの技術的な優位がなくなり、韓国勢の巨額設備投資に日本勢が追随できなくなったからだ。加えて、韓国勢はウォン安で一段の価格競争力を付けたが、日本勢は円高に競争力を奪われた。

(2011年10月20日09時17分 読売新聞)



==

2011年10月20日
「パナソニック、TV事業縮小へ…円高と競争激化」
http://knoike.seesaa.net/article/231269174.html

2011年09月21日
「カーナビ部門800人削減 三洋電機」 三洋電機は,なんとかしてパナソニックから抜けたほうがいいと思う.
http://knoike.seesaa.net/article/226999188.html

2011年08月03日
「日立、テレビ生産から撤退」
http://knoike.seesaa.net/article/218147318.html

2011年05月21日
「パナソニック:国内1万4000人削減へ 事業選定急ぐ」
http://knoike.seesaa.net/article/202786574.html

2011年04月29日
「パナソニック4万人削減 電機で最大規模」
http://knoike.seesaa.net/article/198292225.html

2010年12月09日
「JVC、パナソニックから離脱…独立色強め再建」
http://knoike.seesaa.net/article/172523440.html




【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 10:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「パナソニック、業績内容などの報道に対し声明を公表」
Excerpt: 「パナソニック、業績内容などの報道に対し声明を公表」 http://japan.internet.com/busnews/20111021/4.html 「 パナソニックは2011年10月20日、..
Weblog: とりコー
Tracked: 2011-10-21 18:09

「パナ、尼崎第1工場パネル生産移転は撤回へ」
Excerpt: 「パナ、尼崎第1工場パネル生産移転は撤回へ」 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111021-OYT1T00900.htm?from=rss&re..
Weblog: とりコー
Tracked: 2011-10-21 20:42

「三洋電機、伊藤・専務執行役員が社長昇格へ」
Excerpt: 「三洋電機、伊藤・専務執行役員が社長昇格へ」 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111031-OYT1T00748.htm?from=rss&re..
Weblog: とりコー
Tracked: 2011-10-31 15:35