2011年05月31日

「人体標本展巡る告発、起訴求めぬ意見で書類送検」

Web拍手:


「人体標本展巡る告発、起訴求めぬ意見で書類送検」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110530-OYT1T00856.htm?from=rss&ref=rssad


特殊技術を施した人体標本を多数展示する「人体の不思議展」の実行委員会が、死体解剖保存法違反容疑で告発された問題で、京都府警は30日、起訴を求めないとの情状意見を付け、書類送検した。


 告発対象となった同展は京都市左京区で昨年12月〜今年1月に開催。同法では、死体の保存は、大学や病院など医療機関による研究目的の場合などに認められ、府警は、標本が死体であることは確認したが、展示会場での保管は期間が限定的で、同法で規定する「死体の保存」にはあたらないと判断したという。石川県警も30日、昨年金沢市で開かれた同展の実行委員会について、同様の意見をつけて書類送検した。

(2011年5月30日23時07分 読売新聞)



==

2011年01月20日
「「人体の不思議展」を提訴へ 京都の生命科学専門・名誉教授「近所に死体多数…精神的苦痛」」
http://knoike.seesaa.net/article/181586928.html

2011年01月20日
「人体の不思議展、厚労省「遺体」との認識」
http://knoike.seesaa.net/article/181569481.html




【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 01:55 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック