2011年04月26日

「東電、社長ら報酬50%削減…新規採用も見送り」

Web拍手:


「東電、社長ら報酬50%削減…新規採用も見送り」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110425-OYT1T01054.htm?from=rss&ref=rssad



東京電力は25日、会長と社長、副社長、常務の年間報酬を50%削減すると発表した。


 執行役員は40%、管理職は25%、一般従業員は20%それぞれ削減する。2012年4月入社を予定していた約1100人の新規採用も見送る。一連の人件費削減により、年540億円を捻出し、福島第一原子力発電所の事故による賠償金の支払いの原資としたい考えだ。

 報酬や給与の減額は、執行役員以上は4月支払い分から、管理職以下は7月から行う。社外取締役の報酬も減額する。

 東電の清水正孝社長は、「被災した皆様への補償や、設備復旧等にかかる諸費用の増加による経営状況の大幅な悪化を踏まえ、(人件費削減を)実施した」とのコメントを発表した。

 東電労組は「社会的にも極めて大きな影響を及ぼしている現状を組合員一人一人が重く受け止めた」としている。

(2011年4月25日21時36分 読売新聞)



==

2011年04月22日
「東電は、すでに役員、管理職の報酬・給与を4月からカットする方針を示している。」
http://knoike.seesaa.net/article/197063244.html

2011年04月21日
「東京電力が、6月分の標準家庭の電気料金を5月分と比べ85円前後値上げすることが20日、明らかになった。」
http://knoike.seesaa.net/article/196911142.html

2011年04月08日
「1日に1時間以上停電が発生した場合、1日ごとに、その月の基本料金の4%分を割り引く」の意味が取れない.
http://knoike.seesaa.net/article/194904946.html

2011年03月23日
ゴリ押しして停電を逃れた地域が多く存在する中で,相変わらず停電を強行される地域は,たとえば,電気料金を割り引くような還元がないと,割に合わなすぎる気がする.
http://knoike.seesaa.net/article/192109348.html




【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 11:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック