2008年11月29日

勤務中に旅行サイトなど閲覧した職員2人を処分

Web拍手:


勤務中に旅行サイトなど閲覧した職員2人を処分
http://adachicrime.blog19.fc2.com/blog-entry-678.html


足立区では、約1900台あるすべてのパソコンについて、2年前にさかのぼって閲覧履歴を監視できる仕組みになっているという。



しまった!(笑)
この仕組みが,いつから,どこの組織まで入っているのかわからないけれど,「やべー」と思った人が私の知人だけでも,結構,いそう(^^;).


==

「職務専念義務違反」という言葉をおぼえておこう
http://cancoffee2.at.webry.info/200811/article_110.html

--
【日常の一コマの最新記事】
posted by NOIKE at 11:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の一コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今のご時世、よくある話ですね・・・。

ただ、気になったのが、男性職員(40)の閲覧時間が136時間にわたり、その間を欠勤扱いとして、162万円を返却させた、というところです。
1日8時間労働だとすると、136時間は17日間の勤務。
この返却した162万円は、男性職員の17日分の勤務に相当する給与ではないですよね?
返却というと、受け取ったものを返すのであるので、罰金などは入らないような気がするんですが・・・。

教えて足立区の人!!!

--
Posted by そらまめ at 2008年11月30日 18:02
給与だけではないですよね、と思ってちょいと考えてみた。

1) 閲覧に当たって発生した料金
電気代、通信費など。パソコン、ネットワークなど会社の資産利用分。

2) 閲覧したことによって発生した不利益
本来、その資産や時間によって生み出すはずだった利益分の損失。(区職員なので、そもそも利益は求められていないので、少ないのでは?)
他の人が代わりに業務をやらなければいけなくなったための、その慰謝料?(代わりの人は代価は給与でもらっているのでは?)
不利益を被ったお客様(区民)への慰謝料?

うーん、あとは何があるんだろう?
教えて足立区の人!!!
--
Posted by そらまめ at 2008年11月30日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック