2013年12月11日

「Augg Motion: Motion Synth for iPhone and iPod touch」

Web拍手:


http://www.factmag.com/2013/12/01/the-human-touch-five-futuristic-controllers-reconnecting-musicians-with-machines/4/

「Turn movement into music on your iPhone/iPod with the Motion Synth」
http://www.auug.com/

「Augg Motion」





posted by NOIKE at 22:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「転移した末期がんにも効く 世紀の発明! がんの特効薬(FAS阻害薬)」 興味深いけれど,どうも落とし穴があるような気がする.たとえば,FAS の活動を阻害できたときに,今度は「正常な細胞のためのエネルギー蓄積ができなくなる」という副作用が起こる気もするのだけど,そこはなんとか解決できる見込みがあるのだろうか.

Web拍手:


「2013年07月12日(金) 週刊現代
転移した末期がんにも効く 世紀の発明! がんの特効薬(FAS阻害薬)これで本当にがんが消える
NHK SPで大反響 ジョンズ・ホプキンス大 ロネット博士 独占インタビュー」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36368

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36368?page=2

「FASはFatty Acid Synthaseの略で、脂肪酸合成酵素のことです。これは、誰しもが肝臓など体内の特定の臓器に持っているもので、その名のとおり脂肪酸を合成する働きがあります。細胞には、体がエネルギーを必要としているときに使えるように、脂肪を蓄えておくシステムがありますが、脂肪の貯蔵にはFASが必要不可欠。このFASの働きを抑制するものが、我々が開発しているFAS阻害薬なのです」(以下、表記がない限りはロネット博士)



正常な細胞は、ある程度分裂を繰り返したり、分裂の段階でDNAのコピーにミスが生じたとき、自ら死に至るアポトーシス(細胞死)という性質が組み込まれている。一方、がん細胞は、そのアポトーシスの仕組みが失われており、栄養分と酸素さえあれば無限に分裂・増殖を繰り返していくため、細胞内に脂肪を貯蔵できるはずがない。

それなのに、脂肪を貯蔵する働きのFASががん細胞内に大量に存在していたことは、ロネット博士をはじめとする研究者の大きな疑問だったのだ。



がん細胞は、FASをエネルギーを貯蓄するために使うのではなく、まったく別の利用の仕方をしていた。FASが作る脂肪酸を分裂の際のエネルギーとして使っていたのです。がんの増殖にFASは欠かせない物質で、この物質こそががんに旺盛な増殖力をもたらしていたことを突き止めました。

だとすれば、もしもFASの働きを抑える薬が作れたら、がんの増殖を防ぐことができるのではないか。そう信じて、研究を続けてきました


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36368?page=5

「今は、臨床研究を一緒に行える製薬会社とパートナーを組もうと動いているところです。もし実際に臨床研究が決まれば、前試験を1年、その後1年以内に実験的にヒト用の新薬を作りだします。いまの段階では、点滴投与なのか、経口投与がいいのか、ということもまだ決まっていません。まずは、安全性を確認するテストを通過することが最重要課題です」(ロネット博士)




興味深いけれど,どうも落とし穴があるような気がする.
たとえば,FAS の活動を阻害できたときに,今度は「正常な細胞のためのエネルギー蓄積ができなくなる」という副作用が起こる気もするのだけど,そこはなんとか解決できる見込みがあるのだろうか.
常にエネルギーを投入し続ける方法があるとか?
点滴みたいな方法だと,せいぜい,基礎代謝の 20%から40%くらいしか補填できないよね,体内にある脂肪をアテにした状態で.


posted by NOIKE at 21:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「「無花粉」のヒノキ、神奈川・秦野市で発見」 すでに花粉症になってしまっているひとが,これで症状がでなければおっけーというわけですね.

Web拍手:


「「無花粉」のヒノキ、神奈川・秦野市で発見」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131211-OYT1T00238.htm


神奈川県は10日、花粉の出ない「無花粉ヒノキ」を同県秦野市の山林で発見したと発表した。

 突然変異で正常な花粉ができない個体とみられる。県によると、無花粉スギは1992年に富山県で発見されたが、ヒノキでは全国初という。県は挿し木で苗木を育てて普及させ、花粉症対策に役立てる方針だ。

 県自然環境保全センターが2011年から4074本のヒノキを調べ、昨年4月に無花粉ヒノキ(推定樹齢約40年、高さ約10メートル)を発見した。花粉のもとになる細胞が不均一で正常な花粉ができないという。11月に東京都内で開かれた森林遺伝育種学会で、専門家によって確認された。

 同センターは現在、約30本の苗木を育てており、4、5年後の品種登録を目指す。

(2013年12月11日14時27分 読売新聞)



すでに花粉症になってしまっているひとが,これで症状がでなければおっけーというわけですね.


==

2013年12月05日
「カバノキ科花粉症の人は“豆乳アレルギー”に注意を」
http://knoike.seesaa.net/article/381974915.html

2012年11月12日
「花粉症、悩む人に朗報…「無花粉スギ」初の植林」 おぉっ!
http://knoike.seesaa.net/article/301518939.html

2012年06月22日
イチゴがどうこうというよりも,GAPDH を摂ることが花粉症対策として肝要,ということのような気がする.
http://knoike.seesaa.net/article/276762653.html

2011年07月01日
「アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人死亡−厚労省」
http://knoike.seesaa.net/article/212658680.html


posted by NOIKE at 15:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「2025年、火星の家…移住に応募既に20万人」

Web拍手:


「2025年、火星の家…移住に応募既に20万人」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131211-OYT1T00474.htm


【ワシントン=中島達雄】オランダの民間非営利団体「マーズワン財団」と米航空宇宙大手ロッキード・マーチンは10日、ワシントンで記者会見し、2018年5月に無人火星探査機を打ち上げる計画を発表した。

 火星の土から水分を取り出す方法を研究するという。

 同財団は25年からの火星居住を目指しており、共同設立者のバス・ランスドープ氏は「生活に必要な水を火星で確保する方法を考えたい」と話した。

 ロッキード・マーチンは、08年に火星に着陸して氷らしきものを見つけた米航空宇宙局(NASA)の無人火星探査機フェニックスを製造した実績がある。同社の技術担当者は「フェニックスの技術を応用すれば、探査機は3年半ほどで開発できる」と語った。

 資金は、インターネットから誰でも援助ができるサービスなどで集める。既に世界中から約20万人が火星への移住に応募しているという。

(2013年12月11日12時31分 読売新聞)



==

2013年11月18日
「火星へ4人乗り宇宙船「オリオン」、試験機公開」
http://knoike.seesaa.net/article/380580631.html

2013年10月24日
「印、来月5日に火星探査機打ち上げ」
http://knoike.seesaa.net/article/378382390.html

2013年02月28日
「18年火星の旅発表=「子供たちに夢を」−米富豪」 「全行程は501日間で、火星に接近するが着陸はせず、地球に帰還する。」 おぉっ,帰ってくるんだ!
http://knoike.seesaa.net/article/334754846.html

2013年01月19日
「火星探査見据えた宇宙船開発、米欧がタッグ」
http://knoike.seesaa.net/article/314227684.html

2011年11月05日
「火星旅行想定、窓なし「宇宙船」に520日間!」
http://knoike.seesaa.net/article/233661039.html

2011年08月31日
「2050年までに火星へ人…日米欧機関が行程表」
http://knoike.seesaa.net/article/223326596.html

2010年10月31日
プロポーズの言葉2 「私と一緒に,火星に行きませんか?」
http://knoike.seesaa.net/article/167754559.html

2009年11月18日
ムーンウォークをなめらかにできないときは,マーズウォークだと言い張ればいいのか.
http://knoike.seesaa.net/article/152841771.html

2009年11月18日
火星でアースをとると,マーズっていうのかな(笑).
http://knoike.seesaa.net/article/152841772.html

2008年07月05日
「火星の高解像度写真は、チョー衝撃的でした」
http://knoike.seesaa.net/article/152834345.html

2008年05月26日
Phoenix,火星に着陸
http://knoike.seesaa.net/article/152833520.html

2007年09月24日
火星に洞窟?
http://knoike.seesaa.net/article/152831174.html

2007年01月13日
火星の生物
http://knoike.seesaa.net/article/152830291.html


posted by NOIKE at 15:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 天文, 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする