2010年04月04日

「戦う司書」を 27話(最終話)まで観終えた.

Web拍手:


「戦う司書」を 27話(最終話)まで観終えた.


くだらない.

「この世界は間違っているけれども,守る価値がある」ということが表したかったのかもしれないけれども,なぜなのかが表せていないどころか,その結論に至りようがない.

「普段は自分勝手に振舞っていても,困ったときには助けてもらえるし,それが当然」という話が通りますかねぇ,死ななくていいはずのかなりの数の人間を殺したあとで.
原作は知らないけれど,これを作った人って,あんまり人にマトモに相手をしてもらえていないのかもなぁ.


これも,27回でまとめようとした痕跡がないなー.
予定を立てて作業するって,そんなに難しいことですかねぇ?
どうして,ペース配分ができないのだろう?


結局のところ,「人が死ぬと本になる世界」というおもしろい題材は,ほとんど活かされていなかった.




==

「戦う司書」を 22話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/201002/article_100.html

「戦う司書」を 3 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200910/article_93.html

「戦う司書」を 2 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200910/article_55.html

「戦う司書」の 1話を観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200910/article_22.html

「戦う司書」は 2009年10月2日から
http://cancoffee2.at.webry.info/200908/article_63.html











--


posted by NOIKE at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ゆとり教育世代の若者よりも,その世代をバカにする管理職世代のほうが使い物にならない.

Web拍手:


ゆとり教育世代の若者よりも,その世代をバカにする管理職世代のほうが使い物にならない.

ゆとり教育世代の若者は,単に知識や経験がないだけなので,今後,よくなっていく余地ばかりだ.

その一方で,彼らをバカにする管理職世代は,「知識や経験に基づいた "勘違いさん"」になっていることが多くて,今後は,よくなるどころか悪くなっていく余地しかない.
せめて,年齢相応に衰えていってほしいのだけど,"勘違いさん" は年齢相応どころか加速度的にズレていく(!= 衰えていく)ので,職場で何らかの権力を持っていると非常にじゃまだ.

もうねー,威力業務妨害で訴えたいくらいに,じゃま.











--
posted by NOIKE at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(6) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

広告を表示できなくすることの禁止を明文化したらしい.

Web拍手:


「(3/24)3月31日の利用規定変更のお知らせ」
http://info.at.webry.info/201003/article_9.html


第13条 (禁止事項)
( 8 ) ブログ・サークルページに掲載される広告を、HTML, CSSの記述を追記もしくは変更することまたはその他の手段により、かかるブログ・サークルページに表示されないようにすること(ただし、ウェブリブログ プレミアムオプションを当社から購入した本サービス会員が、その購入者に対して当社が認める範囲内で、かかる表示がされないようにすることはこの限りではなく、また、ブログ・サークルページに掲載される広告のうちアフィリエイト広告(楽天およびAmazon)についてはこの限りではありません。)



そりゃーそうだ.
変更前の規定でも,「たぶん,だめだろーなー」というふうに私には読めたのだけど,「こうすると消せるよ!」みたいな Tips 紹介が BIGLOBE上の助け合い掲示板で後を絶たないので,とうとう明示することにしたのか.


なんというか,お金の流れをまったく見ずにモノを言う人が,異様に多くなったような気がする.
無料で使わせるためには,どこかから収入を得なければいけないわけで,そのために無料で使っている人になんらかの負担や不便を強いるのは当然の流れ.
慈善事業でさえ,なんらかの資金源が必要なのだけど,そういうことに気がまわらない人が,昔と違って異様に多い.

まぁでも,お金の流れと関係なくモノを言う人というのは,「言った先の会社が潰れてサービスを利用できなくなったときには,別の似たようなサービスを提供してくれる会社に乗り換えればいいやー」くらいの浅知恵くらいが精一杯なんだろうなー.
それさえも考えていない人も,かなり多そうだけれど.












--
posted by NOIKE at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「研究開発企業」を謳っているのに,単なる「開発企業」なところが多いなー.

Web拍手:


「研究開発企業」を謳っているのに,単なる「開発企業」なところが多いなー.
このあたりの事情って,2005年と変わっていないなぁ.
当時よりも悪い状況だなぁと思うのは,単なる「開発企業」どころか,単なる「孫請け実装企業」が,「自分たちは "研究開発" をしている」のだと思い込んでいるところかな.

「.NET Framework がどんなクラスを持っているのかを調べて,知り尽くしている」なんていうのは,研究開発じゃないよ.











--
posted by NOIKE at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

この改正案が通っちゃったら,ものすごくあぶないことになるんじゃない? そうでもない?

Web拍手:


「テレビ離れ? インターネットから受信料とればいいじゃない。」
http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-13369.html

「放送法改正案を閣議決定 60年ぶり、自由度向上も」
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030501000502.html


この改正案が通っちゃったら,ものすごくあぶないことになるんじゃない?
雑な表現をすれば,「いままで以上に "押し売り" を拡大します」,ということになるんじゃない?
改正前でさえ,「放送」というものの解釈を拡げてきたくらいだし.
そうでもない?
「なんとかして 2011年7月よりも前に通してしまおう」という思惑も透けて見える気がするのだけど,気のせいかなぁ?

どういうふうに適用範囲を規定するつもりなのだろう.
日本国内に限った話ではなくなるし.
「電気通信」は内容を問いようがないので,テレビ受像機の頃の言い分からすると,「.nhk.or.jp につながる機器(PC に限らず)全部から徴収します」という話になりかねない気がするなぁ.
「ルータで .nhk.or.jp への接続を遮断してあるネットワーク内なら OK」とか言いそうにないものなぁ.

現行の内容もそうだけど,「受信したか / しなかったか」ではなくて,「可能か / 不可能か」で規定していて,かつ,「不可能な機器を選択できない」というところに,かなり問題があると思う.
テレビ受像機で言えば,NHK の放送を受信できない受像機って,購入することはほぼ不可能だよねぇ?

「NHK の放送を受信できない受像機を販売しようとしたら,圧力をかけられて販売どころか製造もできなくなった」なんていう話がまことしやかに流れたことがたびたびあったけれど,ほんとうだったりしてねー.
今度は,「.nhk.or.jp に繋がらない PC を販売しようとしたら,圧力をかけられて販売どころか製造もできなくなった」なんていう話がまことしやかに流れるのかな?


こういう「押し売り」がどうして長らく通用してきているのか,私にはよくわからない.
歴史的な経緯を引きずるのはわかるけれど,いわゆるラジオ放送の頃からこの徴収の仕組みはおかしかったわけで.
(因果律が成立しない.写像としておかしい.)


まぁ,罰則は設けられないでしょうねー.
回避選択ができないのだもの.


現行の内容でも,
「回転寿司屋で食事したときに,目の前を通過していった食べなかったネタ(皿)の料金も徴収される」
ようなものだと,個人的には思っている.











(このブログって,数年前から soumu.go.jp からのアクセスがあるのだけど,何かまずいこととか,法解釈とか参考判例に関するヒント情報とか書いたかなぁ?)

--
posted by NOIKE at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

「「ぼくらの」公式サイトが相模原市の粗大ごみ相談サイトになってる件」

Web拍手:


「「ぼくらの」公式サイトが相模原市の粗大ごみ相談サイトになってる件」
http://blog.livedoor.jp/news23vip/archives/2504718.html


世田谷 : 東京ムービー
目黒 : チワワ
品川 : フェアリーナイト
狛江 : ムーンライトマイル
府中 : オールドボーイムービー
武蔵野 : 死神の精度
国立 : w-eleven←明らかに元ウイイレ系サイト
大和 : 保険サポート
相模原 : ぼくらの
八王子 : ヲタケン



期限が切れてからかどうかわからないけれど,公式サイトとして使われていたドメインを買い取っているんだろうな.
しっかし,こういう "お仕事" の仕方は,まったく感心しない.
さげすんでいいと思う.

かえって評判を落とすだけだと思うのだけど,そこまでして誘導したほうが得なのかねぇ?
スパム送信なんかは,釣られるひとが現れる前にブラックリストに入っていってしまう時代になったので,「とにかく読ませる(誘導する)ほうが得」の時代は過ぎているような気がするのだけどなぁ.

「SEO対策が楽にできます」とかいうコンサルタントをしたおバカさんがいるのかなぁ.












--
posted by NOIKE at 14:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

「振り込め詐欺」というのは,子どもが情けない人間だから,親が判断に迷うわけです.

Web拍手:


「振り込め詐欺」というのは,子どもが情けない人間だから,親が判断に迷うわけです.
親よりも,その子どもが悪い.
子どもがマトモな人間であれば,たとえその暮らしが貧しくとも,親は迷いようがない.

親を責め立てている勘違いクンがいるんだけど,アンタ何様よ?
アンタが情けない有り体だから,親が判断に迷いつつもお金を搾り出してくれたんでしょうに.











--
posted by NOIKE at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

相手にしゃべりながら自分の思考を整理するんじゃなくて,自分の思考を整理してから相手にしゃべれよー,と

Web拍手:


相手にしゃべりながら自分の思考を整理するんじゃなくて,自分の思考を整理してから相手にしゃべれよー,と思う.
まぁ,考え方の違いだけどね.

私の感覚だと,相手にしゃべりながら自分の思考を整理するのは,相手の時間と精神力を消費するので,相手に迷惑だと思う.


==

相変わらず,話の長い人だなぁ.
http://cancoffee2.at.webry.info/201003/article_13.html











--
posted by NOIKE at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相変わらず,話の長い人だなぁ.

Web拍手:


相変わらず,話の長い人だなぁ.
同じことを 3回は繰り返されたような気がする.
しかも,繰り返しのひとつひとつが長い.
隣で聞いていて疲れた.
当事者は,どうだったのだろう.

「企業に入ると,的確に物事を説明できることが要求されるから,うんぬん」

いや,まず,あなたが的確に物事を説明できるようにならないと,それを学生さんたちには言えないでしょう.
丁寧な説明も,程度問題だよ.
長過ぎー.
聞いてらんねー.

端的に,ぱんぱんぱんと言うだけじゃだめなんですかねぇ.
コメントすることを求められているわけで,説明することを求められているわけではないし.











--
posted by NOIKE at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

「図書館戦争」を 2話まで観た.単に腹立たしいだけ.もう観ない.

Web拍手:


「図書館戦争」を 2話まで観た.単に腹立たしいだけ.
Googleってみたら,最後までこの調子,というか,エスカレートしていくっぽい.

もう観ない.


==

「図書館戦争」の 1話を観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/201002/article_11.html











--
posted by NOIKE at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。