2017年10月28日

ブラウザの Vivaldi が vivaldi.net で無料ブログサービスを提供してくれることになったので,とりあえず場所を確保してみた.容量制限のようなものもなさそう.カスタマイズの自由度は少なめだけどちょっとしたブログサイトが欲しい人にはいいかもしれず.

Web拍手:


「Blog on a new level with Vivaldi.net | Vivaldi Browser」
https://vivaldi.com/blog/blog-on-a-new-level/


ブラウザの Vivaldi が vivaldi.net で無料ブログサービスを提供してくれることになったので,とりあえず場所を確保してみた.


「とり茶 – とりあえず,お茶にしましょう.」
https://knoike.vivaldi.net/


実体は Wordpress.Vivaldi.net 用に少しカスタマイズがなされている感じ.
使えるテーマは 5種類.

Venice
Baylys の子テーマ(Vivaldi.net 用カスタマイズ版)
Cocoa の子テーマ(Vivaldi.net 用カスタマイズ版)
Vivaldi Communities(Baylys の子テーマ.Vivaldi.net 用カスタマイズ版)
Twenty Seventeen の子テーマ(Vivaldi.net 用カスタマイズ版)

テーマのカスタマイズも,一般ユーザーレベルでできる範囲は通常どおりにできるっぽい.


プラグインは,スパムコメント対策の「Akismet」くらいしか入っていなさそう.


他のブログからのインポーターもあるけれど,いまのところ,Blogger,LiveJournal, Tumblr,WordPress からのインポーターだけで,例えば,MT(Movable Type)からのインポーターはなさそうにみえる.
でも,
If you’d like to import content from another service, let us know!

ということなので,要望を伝えればインポーターを追加してくれるのかも.
オリジナルの Wordpress には多様なインポーターがプラグインとして存在するので,割とすんなりと要望が通るような気がする.



What’s the catch?

We have no plans to monetize, share your data or start charging for any of these services. The Community is simply a way for us to give back something to our users. No catch.


ということなので,これで収益化を図るつもりはないらしい.


容量制限のようなものもなさそう.


いまの時代は,ブログサービスを終了していっているところが多いので,カスタマイズの自由度は少なめだけどちょっとしたブログサイトが欲しい人にはいいかもしれず.





==

2015年11月06日
Opera の共同創設者だったひとが新しく作っている Chromium 系のブラウザ,「Vivaldi」を試用中.クリックしてからページ遷移が始まるまでに少しだけ待たされることが多いけれど,タブの扱いに関しては Google Chrome よりもよさげ.
http://knoike.seesaa.net/article/429197470.html




【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 16:40 | 東京 ☔ | Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。