2016年08月29日

佐藤秀峰の「漫画貧乏」を読み終えた.出版業界の制度のおかしさ,特に報酬の割の合わなさに抗った,彼の試行錯誤のお話.あきらめてしまう人に比べて,すばらしいことだとは思うのだけど,「それをわかっていて,なぜそういう判断になるのかなぁ」という感が拭えない.

Web拍手:


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

漫画貧乏 [ 佐藤秀峰 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/8/29時点)







「Web漫画 Webコミック 無料で漫画読み放題 漫画onWeb」
http://mangaonweb.com/




佐藤秀峰の「漫画貧乏」を読み終えた.
電子書籍版のほうは無料.

出版業界の制度のおかしさ,特に報酬の割の合わなさに抗った,彼の試行錯誤のお話.
彼なりに考えて試行錯誤したのだろうなぁと思うので,あきらめてしまう人に比べて,そこはすばらしいことだとは思う.現時点でも「漫画onWeb(旧,佐藤秀峰 on Web)」は存在し続けているわけだし.

でも,なんというか,「それをわかっていて,なぜそういう判断になるのかなぁ」という感が拭えない.
彼の思考論理はわかるのだけど,「なんでそこでそういう選択肢しか挙がらない?」ということがしばしば.


いろいろと疑問に思うところはあるのだけど,根本的な大きな疑問は,

o ここまで問題意識を持ちながら,なぜかいつまでも紙出版に異様にこだわる

o 紙出版への異様なこだわりがある割には,なぜか同人誌出版はしない

は,ひっかかる.本人がたびたび書いている「無知さ」とは違う,何か妙な違和感がある.


自費出版は考えたようだけど,あんなバカ高いやり方しか見えてないとはちょっと思いづらい.
多くの作家さんが行っているような,オフセ本,コピー本でいいじゃん.
コミケの類で手売りしたり,あの時代だと「まんがの森」とか「とらのあな」あたりで委託販売してみれば,だいぶ状況は違ったんじゃないかなぁ?


あとは,ちょっと気になったのは,この人は著作権というものに異様に大きな権力があるものだと誤解しているような気がする.
あるいは,「著作隣接権を異様に軽視している」のかな.
たぶんそのせいだと思うのだけど,「2次利用」の感覚がちょっと違うような気がする.


あと,この Webシステム開発を請け負ったところは,どこだよ.
出版社のことは名指しでいろいろ書いたクセに,これだけずさんなスケジュールを提示してきたシステム開発会社の名前は出さないの?
いまもおんぶにだっこ状態だから批判できないんだろうなぁ.

このお金のかかり方とリリーススケジュールをみると,それなりにできるエンジニアをスタッフとして雇ってしまったほうが,総じて安く上がったんじゃないかなぁ?
維持管理費がかかりすぎのような... .
ちょっとしたことならその場でホイと訊けるようになるし,ちょっとした修正ならすぐにできるでしょ.




あとは,自分にとっては時系列が逆だったせいだと思うのだけど,この人,「漫画貧乏」の中ではかなり持ち上げていた奥さんとひどい理由で離婚しているよね.不倫,かつ,相手の人を妊娠させた.
最も大切にすべきスタッフを大切にできないって,彼のポリシーの根源が崩れてるんじゃないかなぁ.
あと,これをネタにしているのが気持ち悪い.別れた奥さまも断らないところをみると,収益に困っていたんだろうなぁ,と邪推してしまう.

「佐藤秀峰が元妻に自ら離婚についてインタビュー ネット上では「なんだこれ……」と困惑の声 - ねとらぼ」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1307/30/news089.html

「【マジキチ】漫画家・佐藤秀峰さんが不倫相手を妊娠させて離婚 → その元妻に突撃した離婚インタビュー記事を公開wwwww : オレ的ゲーム速報@刃」
http://jin115.com/archives/51964795.html



「あとは,... .あとは,... .」で付け足しまくってしまったけれど,「なんでそういう判断になるのかなぁ」という感が拭えない読み物でした.
まぁでも,彼なりにあちこちに配慮した結果なんだろうなぁと思う.


kindle unlimited という大規模な定額読み放題サービスが始まったけれど,彼は今後はどうするのかな.




==

2016年08月02日
「特攻の島」を 8巻まで読んだ.
http://knoike.seesaa.net/article/440679756.html

2014年08月04日
「特攻の島」を 3巻まで読んだ.ようやく,読めるお話になってきた.
http://knoike.seesaa.net/article/403192890.html

2011年01月30日
彼の狙っていることはわかるし,おおよそ賛同できるのだけど,今現在の彼が描ける作品でそれが叶うかどうか,かなりビミョーだと思う.
http://knoike.seesaa.net/article/183166474.html

2011年01月27日
「特攻の島」の 2巻が出ている.続ける気があったのかー.
http://knoike.seesaa.net/article/182696787.html

2010年07月20日
佐藤秀峰が第二師匠なわけね. 絵柄に似た風味を感じてしまったのは,そのせいか.
http://knoike.seesaa.net/article/156925822.html

2010年07月20日
マンガの「感染列島」を,ようやく読み終えた.
http://knoike.seesaa.net/article/156925467.html

2010年04月24日
「僕から出版社にお金を分配する未来――電子書籍出版秘話」
http://knoike.seesaa.net/article/152843732.html

2009年06月20日
そういえば,佐藤智美は佐藤秀峰の嫁さんらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/152840692.html

2009年04月29日
「ムショ医 (1)」を読んだ.
http://knoike.seesaa.net/article/152840273.html

2008年08月10日
医龍 18
http://knoike.seesaa.net/article/152834522.html




【マンガ,テレビ,映画の最新記事】
posted by NOIKE at 18:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ,テレビ,映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。