2015年10月28日

「SIMを差し替えることなく、ドコモの電話番号からVivoの電話番号に入れ替えることができるeSIM及びeSIMを活用したソリューションの提供を開始する」 まずはブラジルからか.便利ではあるのだろうけれど,なーんか,あぶない仕掛けだねぇ.

Web拍手:


「報道発表資料 : ブラジルにおいてeSIMソリューションの提供を開始 | お知らせ | NTTドコモ」
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/10/28_00.html


株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、ブラジルの携帯電話事業者Telefonica Brasil S.A.(以下Vivo)と、docomoM2Mプラットフォームをご利用の法人のお客さまを対象に、SIMを差し替えることなく、ドコモの電話番号からVivoの電話番号に入れ替えることができるeSIM及びeSIMを活用したソリューションの提供を開始することに合意いたしました。
eSIMは、業界団体であるGSMA注意1 により2013年12月に仕様が公開されました。ドコモでは2014年6月からdocomoM2Mプラットフォームをご利用の法人のお客さまを対象にeSIMの商用提供を開始しておりますが、日本の通信事業者として、海外通信事業者とeSIMを活用したソリューションの提供に合意するのは今回が初めてとなります。
ブラジルでは恒常的に国際ローミングを利用することが規制されており、これまでは日本からブラジルに通信機能を組み込んだ車両や建設機械等の機器を輸出する場合は、物理的に現地通信事業者のSIMに差し替える必要がありました。今回の合意により、お客さまはSIMの差し替えを行うことなく、ブラジルでVivoの回線を利用できます。
本ソリューションは、ヤンマー株式会社が次年度以降にブラジルに輸出する予定の製品に組み込み、稼働状況管理、稼働診断保守、盗難防止などの遠隔情報サービスに活用される予定です。
ドコモは今後もeSIM及びeSIMを活用したソリューションの提供を通じて、お客さまのグローバル展開をサポートしてまいります。
注意1 GSMAは、「GSM Association」の略で、携帯電話事業者のほか、端末メーカーやソフトウェア企業などを取りまとめるモバイル通信事業の業界団体。


まずはブラジルからか.
便利ではあるのだろうけれど,なーんか,あぶない仕掛けだねぇ.




==

2015年03月02日
「スマホの電話番号を多様なIoT機器に簡単に切り替えるソフトを開発 | お知らせ | NTTドコモ」「従来の、SIMの抜き差しによる切り替えの手間を省くことができるようになります。」 これはあぶない仕組みのような気がする... .
http://knoike.seesaa.net/article/414927762.html




【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 21:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。