2014年03月28日

「Blizzard Challenge 2014 - SynSIG」 共通の音声データベースを用いた比較・評価により,様々な音声合成手法をより良く理解することを目的とした「Blizzard Challenge」.2014 は,インドの6言語が対象.

Web拍手:





「Blizzard Challenge 2014 - SynSIG」
http://www.synsig.org/index.php/Blizzard_Challenge_2014




【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 08:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Blizzard Challenge に,前処理済みのデータが用意された課題も設置されたらしい.研究者ではないエンジニアでも取り組めそうな課題ですね.
Excerpt: 「Blizzard Challenge 2017 - SynSIG」 https://synsig.org/index.php/Blizzard_Challenge_2017 Blizzard C..
Weblog: とり茶
Tracked: 2017-02-12 17:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。