2014年03月23日

「はしか患者情報、医師に報告義務…厚労省方針」「患者の名前や住所などの個人情報を、」 えっ? これって,別件の情報収集のような気がするなぁ... .

Web拍手:


「はしか患者情報、医師に報告義務…厚労省方針」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140322-OYT1T00348.htm


厚生労働省の厚生科学審議会の部会は、はしか(麻疹)と髄膜炎菌による感染症が発生した直後に、患者の名前や住所などの個人情報を、医師が保健所に届けることを義務づける案を了承した。


 保健所が迅速に感染拡大の防止を図れるようにするためで、厚労省は来年の感染症法改正を目指す。

 はしかは現在、国内固有のウイルスは見つからなくなっており、厚労省は速やかな患者把握の仕組みを作り、完全な排除を目指す。髄膜炎菌による感染症は患者が死亡する場合もあり、予防のために家族らに投薬するなど素早く対応できるようにする。

 結核や新型インフルエンザなどについては、すでに名前などの届け出が義務づけられている。

(2014年3月22日12時52分 読売新聞)




患者の名前や住所などの個人情報を、


えっ?
これって,別件の情報収集のような気がするなぁ... .


==

2013年09月19日
「はしか国内「排除状態」…土着ウイルス消滅」
http://knoike.seesaa.net/article/375240142.html




【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 13:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。