2014年03月10日

「STAP細胞は造血幹細胞か?」 すごくわかりやすいし,スジが通っている.

Web拍手:


「Open ブログ: ◆ STAP細胞は造血幹細胞か?」
http://openblog.meblog.biz/article/21467961.html


 「 STAP細胞は、造血幹細胞と、他の血球との、混合物である。しかも、実験の際には、都合のいいところをつまみ食いしている」

 これだと、あらゆる結果(誤認を含む)を説明できるように思える。
  ・ 大量の Oct4陽性 を見たのは、他の血球を調べたから。
  ・ TRC 再構成があったのは、他の血球を調べたとき。
  ・ TRC 再構成がなかったのは、造血幹細胞を調べたとき。
  ・ キメラの作成は、造血幹細胞から多能性幹細胞をつくったから。

 これでだいたい、説明が付く。
 1〜3番目は、ただの誤認である。(分化したリンパ球ではなかった。)
 4番目は、(真実であれば)新規の大きな研究業績となる。理由は下記。



受精卵以外で全能性をもつ細胞は、これまで見つかっていない。体内の幹細胞を含めて、そんな細胞はこれまで見つかっていない。今回の造血幹細胞が、特殊な処理をすることで全能性をもつようになったとすれば、それは新たな研究業績となるだろう。
( ※ 当初の「初期化」という発見は否定されるが、別の発見があったことになる。)



すごくわかりやすいし,スジが通っている.
「初期化」は,どうもあやしいんだよなぁ.仮に全能性を獲得させられたとしても,初期化はされてない気がする.戻りようがない気がするんだよなぁ.

4番目の「全能性が獲得できたこと」もあやしい気はするのだけど,私にはよくわからない.


==

2014年03月02日
「STAP細胞論文に他論文と酷似箇所…実験手順」 17行分.自分たちの他論文ではなくて,他者の論文か.引用を明記していないんじゃまずいなー.
http://knoike.seesaa.net/article/390260298.html

2014年02月19日
「STAP細胞論文に不自然な画像、ネイチャーが調査開始」
http://knoike.seesaa.net/article/389079691.html

2014年01月30日
「救いの手を差し伸べたのは10年、センターで研究中の若山照彦・現山梨大教授(46)だった。」
http://knoike.seesaa.net/article/386509854.html

2014年01月30日
「STAP細胞研究の出発点となる多能性細胞を15年前に作りだし、小保方さんの指導教官として共同研究を続けてきたチャールズ・ヴァカンティ教授」
http://knoike.seesaa.net/article/386509400.html

2014年01月30日
「新たな万能細胞作製に成功、理研が発表」
http://knoike.seesaa.net/article/386466810.html




【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 22:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「共著者の山梨大教授、STAP細胞論文の撤回呼びかけ」 この先生,立派な人だな.
Excerpt: 「共著者の山梨大教授、STAP細胞論文の撤回呼びかけ」 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2145672.html 「 理化学研究所などのグループが発..
Weblog: とり茶
Tracked: 2014-03-10 23:38

「写真が全く同じでショック…STAP論文共著者」
Excerpt: 「写真が全く同じでショック…STAP論文共著者」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140310-OYT1T01144.htm 「 STAP細胞の論文の..
Weblog: とり茶
Tracked: 2014-03-11 03:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。