2013年10月23日

「高品質でリアルな楽器音と「eVocaloid」による歌声合成に対応した新音源LSI。 ヤマハ “歌って、奏でる、次世代音源” 『NSX-1』」

Web拍手:


「高品質でリアルな楽器音と「eVocaloid」による歌声合成に対応した新音源LSI。 ヤマハ “歌って、奏でる、次世代音源” 『NSX-1』 - ニュースリリース - ヤマハ株式会社」
http://jp.yamaha.com/news_release/2013/13102301.html

「yamaha-webmusic.github.io」
http://yamaha-webmusic.github.io/
https://github.com/yamaha-webmusic


歌って、奏でる、次世代音源
「Real Acoustic Sound」と「eVocaloidトレードマーク(TM)」の2音源に対応
高品質でリアルな楽器音と歌声の合成に対応した新音源LSI
ヤマハ 音源LSI 『NSX-1』
- 11月3日(日)、4日(月・振休)の「Maker Faire Tokyo 2013」に出展、デモなどを実施 -




ヤマハ 音源LSI 『NSX-1』 YMW820 2,000円 10月23日(水)


サンプル価格 2000円かー.





※ 「Real Acoustic Sound」と「eVocaloidトレードマーク(TM)」を同時に使用することはできません。事前にどちらの音源をプリインストールするか選択する必要があります。


だろうね.いくらサブセットにしたところで,あの方式じゃあ入らないよなぁ.





波形メモリー 4MByte相当


これ,いまの時代の品質としては結構なネックのような.





電源仕様 [I/O] 1.65V - 3.6V [Core] 1.02V - 1.20V


3.3V 駆動もできなくはない感じ?





1.株式会社スイッチサイエンス「eVY1 SHIELD」 10月下旬発売予定

電子工作用の電子部品を販売する株式会社スイッチサイエンスのオープンソースハードウェア(汎用マイコン基板)「Arduino(アルディーノ)」用のインターフェースです。「Arduino」にアドオンし、USB等でモニタやスピーカーと接続することで、簡単に『NSX-1』を音源として使用できます。10月下旬に発売される予定です。


Arduino に挿せるのかー.





3.『NSX-1』を操作するライブラリとサンプルウェブアプリケーションをオープンソースで公開

プログラミング言語「JavaScript」を用いて『NSX-1』を制御するためのライブラリをオープンソースで公開します。このライブラリは、World Wide Web Consortium注3によって標準化が進められている、ウェブブラウザからMIDI機器を制御するための「Web MIDI API」注4というオープンな規格を利用して動作します。これにより、ウェブアプリケーションから、音を鳴らす、音を止める、使用する音色を選択するといった『NSX-1』の制御を容易に行えます。また、ライブラリをオープンソースで公開するため、外部の開発者やサプライヤーでも、開かれた環境のもとで、『NSX-1』と連動したウェブアプリケーションや製品などを自由に開発できます。なお、同ライブラリは、サンプルアプリケーションとあわせて、ソースコード共有ウェブサービス「GitHub」上の当社ページ(http://yamaha-webmusic.github.io/)にて、11月上旬に公開する予定です。

※ 現在、「Web MIDI API」に対応しているウェブブラウザは Google Chrome (Mac OS X 10.6以降、Windows 8/7/Vista/XP) です。今後は他のウェブブラウザでも対応が進む予定です。詳しい動作環境については、GitHub 上の当社ページにて随時公開する予定です。



ご参考:「Maker Faire」への出展について

11月3日(日)、4日(月・振休)に日本科学未来館で開催される「Maker Faire Tokyo 2013」(主催:株式会社オライリー・ジャパン)に『NSX-1』を出展します。展示ブースにおいて『NSX-1』とウェブアプリケーションのデモを行うほか、プレゼンテーションスペースにて『NSX-1』に関するプレゼンテーションを行います。また、株式会社スイッチサイエンスより「eVY1 SHIELD」の展示や、株式会社学研教育出版の「大人の科学」ブースでも『NSX-1』を搭載したガジェットのプロトタイプのデモが行われる予定です。




MIDI 音源としてみると,サンプル価格 2000円で出されちゃったんじゃー,VS1053 シリーズの価値は下がってしまったなぁ.
でも,ありがたいことではある.
ただ,波形メモリ 4Mバイト相当なのが,ちょっと気になる.
歌声合成は,思ったほどの品質ではないかも.
楽器音合成のほうは,Wave Table を持たせた昔の OPL4 よりはずっとよさそうなので,そっちは期待できそう.

AQUEST から AquesTone の LSI って出たりしないかな?
NSX-1 に負けないような石をがんばって出していただけたらなぁと思う.
AquesTalk を LSI 化した AquesTalk Pico の出来は,私はかなりいいと思う.
(MICRO TALK は,ちょっと大きすぎたかも.あの大きさなら容量を多くするか,機能を豊富にできそう.)




【電子工作の最新記事】
posted by NOIKE at 21:11 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おぉ,「暫定」ではあるけれど,NSX-1(YMW820) の仕様書があるではないかー.
Excerpt: 「Sound Generator(音源) | 半導体 | ヤマハ株式会社」 http://www.yamaha.co.jp/product/lsi/sound_generator/ 「YMW820(..
Weblog: とり茶
Tracked: 2013-10-24 23:10

YMW820アプリケーションノート(YMW820(NSX-1) MIDI仕様書),きたー! あとで読むー.
Excerpt: 「YMW820アプリケーションノート(YMW820(NSX-1) MIDI仕様書)」 http://yamaha-webmusic.github.io/nsx1-apps/specs/ANMW820A..
Weblog: とり茶
Tracked: 2013-11-01 15:57

Yamaha-WebMusic GitHubPage が公開された.サンプル Web アプリが 3個.「音声認識・発音:kodama」が楽しそう.eVY1 シールドが届いたら,動かしてみよう.
Excerpt: 「Yamaha-WebMusic GitHubPage へようこそ!」 http://yamaha-webmusic.github.io/nsx1-apps/manual/ https://gith..
Weblog: とり茶
Tracked: 2013-11-02 05:35

eVY1 シールドをデバイスとして認識させるのに,結構,ハマってしまったので,メモ書きしておきます.
Excerpt: 「eVY1シールド(ピンヘッダ有り)」 http://www.switch-science.com/catalog/1490/ 「eVY1シールド(ピンヘッダ無し)」 http://www.swit..
Weblog: とり茶
Tracked: 2013-11-03 00:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。