2013年08月29日

「ヒトの幹細胞から「ミニ脳」作製、病気解明に期待」 アルツハイマーとかパーキンソン病,ALS の進行を止めるのに役立つ時代がすぐに来るといいなぁ.

Web拍手:


「ヒトの幹細胞から「ミニ脳」作製、病気解明に期待」
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE97S06220130829


[ロンドン 28日 ロイター] - オーストリアと英国の研究チームが、幹細胞から直径約4ミリの立体的な脳組織を作ることに成功したと、科学誌ネイチャー電子版に発表した。最も複雑な構造とされるヒトの脳組織の作製に成功したのはこれが初めて。脳が出来上がる仕組みや病気の解明に役立つと期待されている。

チームはヒトの幹細胞を神経系への細胞に変化させ培養。さらに別の培養液の入った容器に移してかき混ぜる作業を加えて培養した。2カ月たつと、最大で約4ミリの脳組織に成長した。この脳組織には、大脳皮質のように神経細胞の層や、網膜の組織なども含まれていたという。

研究者らは、脳の発達メカニズムや小頭症などの病気の解明につながるとしている。



「この脳組織には、大脳皮質のように神経細胞の層や、網膜の組織なども含まれていたという。」
おぉー!
アルツハイマーとかパーキンソン病,ALS の進行を止めるのに役立つ時代がすぐに来るといいなぁ.




【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 21:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「iPSでパーキンソン病治療へ、京大が臨床申請」
Excerpt: 「iPSでパーキンソン病治療へ、京大が臨床申請」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140227-OYT1T00033.htm 「 iPS細胞(人工多能..
Weblog: とり茶
Tracked: 2014-02-27 21:07

「東北大学と大阪大学は13日、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬として期待される物質「HGF」の有効性を確認する臨床試験(治験)を始めると発表した。」
Excerpt: 「神経保護物質を治験、ALS患者に投与へ…東北大など : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)」 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160516-O..
Weblog: とり茶
Tracked: 2016-05-16 22:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。