2013年08月13日

「平和に散歩中のクマムシに放射線を当てたり、極低温にさらしたりすると、樽状になる (クリプトビオシスになる) 暇がないため、そのまま死んでしまいます。 」 やっぱり,準備が必要だよね(^^;). でも,すごい生物だなぁ.

Web拍手:


「【地球最強の生物】クマムシの写真、画像集 - NAVER まとめ」
http://matome.naver.jp/odai/2126075923407940900


水がなくても120年も生き、摂氏150度、マイナス200度のもとに数分間置いておいても死なず、真空に近い状態でも、強い放射線を当てても生き残る不死身の生物クマムシの写真、画像集です。 更新日: 2010年10月22日




「緩歩動物」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%A9%E6%AD%A9%E5%8B%95%E7%89%A9



「クマムシの世界」
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nkazu/kenbi/kumamusi.htm



「UMAファン 〜 未確認動物クマムシ 不死身伝説は本当か!?」
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-506.html


クマムシはクリプトビオシスになるとき、樽状 (たるじょう) に丸くなります。しかしこれは非常に時間のかかる作業で、平和に散歩中のクマムシに放射線を当てたり、極低温にさらしたりすると、樽状になる (クリプトビオシスになる) 暇がないため、そのまま死んでしまいます。


やっぱり,準備が必要だよね(^^;).
でも,すごい生物だなぁ.



おそらくクリプトビオシス状態のクマムシは、極端に新陳代謝を下げることにより、生命活動を続けているものと考えられました。

しかしこれは間違っていることが判明しました。酸素の減少は、クリプトビオシスが呼吸をしていたからではなく、クリプトビオシスが「物質」として「酸化」していただけだったのです。

つまりクリプトビオシスはまったく呼吸していません。微量の新陳代謝も行っていません。


おぉー!




【自然, 生物の最新記事】
posted by NOIKE at 14:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 自然, 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「液体窒素で24時間凍結しても死なない!寄生虫「ヌマエラビル」の驚異の能力を日本の科学者が発見」 「日本の東京海洋大学と農業生物資源研究所の研究チーム」 おぉっ! クマムシと違って,イキナリいけるのか! 細胞が壊れないのか! 強いなー.
Excerpt: 「液体窒素で24時間凍結しても死なない!寄生虫「ヌマエラビル」の驚異の能力を日本の科学者が発見 - アクアカタリスト」 http://aqua2ch.net/archives/38789624.htm..
Weblog: とり茶
Tracked: 2014-06-23 22:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。