2013年08月09日

「海底の「ミステリーサークル」…作ったのはフグ」 おぉー!

Web拍手:


「海底の「ミステリーサークル」…作ったのはフグ」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130809-OYT1T00722.htm


鹿児島県・奄美大島の海底の砂地に時々現れ、地元で「ミステリーサークル」と呼ばれる美しい模様は、フグが産卵のために作った巣だったという研究論文を、千葉県の研究者や地元ダイバーらがまとめ、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで発表した。

 ミステリーサークルの謎を解いたのは、千葉県立中央博物館の川瀬裕司ひろし主任上席研究員(47)や、地元のダイビングガイド、伊藤公昭さん(39)ら。水深18〜28メートルにビデオカメラを設置し、巣作りの一部始終を撮影することに成功した。

 それによると、体長約10センチのオスのフグが、胸びれや尾びれを使って砂地を掘り進め、7〜9日かけて直径約2メートルの美しい円形の模様を作った。完成するとメスが円の中心部で産卵し、オスは孵化ふかするまでの数日、近くで卵を守っていた。

(2013年8月9日15時29分 読売新聞)



おぉー!




【自然, 生物の最新記事】
posted by NOIKE at 21:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然, 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。