2013年07月13日

「飯舘育ちの乗っ取り型「冬虫夏草」、新種と認定」

Web拍手:


「飯舘育ちの乗っ取り型「冬虫夏草」、新種と認定」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130713-OYT1T00572.htm


福島県飯舘村で、同県伊達市の薬剤師、貝津好孝さん(58)が発見したキノコ「冬虫夏草とうちゅうかそう」が、新種だったことが明らかになった。

 論文がドイツの菌学専門誌に掲載され、正式に新種と認められた。ほかの冬虫夏草が寄生したものに後から寄生する“乗っ取り型”で、国内では珍しい。近年、冬虫夏草は健康食品の原料として注目され、貝津さんは「効能があれば商品化し、売り上げを寄付して復興に役立てたい」と意気込む。

 新種と認められたのは、2006年に飯舘村で見つけた個体。貝津さんは愛好者らでつくる「日本冬虫夏草の会」の副会長を務め、1986年にも同村で新種を発見し、「コブガタアリタケ」と命名された実績を持つ。今回の新種は、いったんアリに寄生したコブガタアリタケに、さらに後から寄生して、丸ごと自身の冬虫夏草に変えてしまう。冬虫夏草が別種の冬虫夏草に寄生する乗っ取り型だ。

 千葉大学真菌医学研究センターの清水公徳助教(菌学)の研究グループが2010年、DNA解析で新種と判断。グループは貝津さんと連名でドイツの専門誌に論文を投稿し、7月3日付の同誌電子版で「ツブガタアリタケ」と名付けて発表した。

(2013年7月13日16時36分 読売新聞)





【自然, 生物の最新記事】
posted by NOIKE at 19:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然, 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。