2013年06月29日

「ボイジャー1号、数か月後にも太陽圏を脱出」

Web拍手:


「ボイジャー1号、数か月後にも太陽圏を脱出」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130629-OYT1T00378.htm


36年前に打ち上げられた米探査機「ボイジャー1号」が数か月から数年後に、太陽から吹き出す太陽風が届く範囲(太陽圏)を脱出する見通しになった。

 米航空宇宙局(NASA)が発表した。太陽圏を出れば、恒星間の空間に到達する初めての人工物になる。

 ボイジャー1号は打ち上げ後、惑星の重力を利用しながら進み、現在は太陽から180億キロ・メートル(太陽と地球の距離の約120倍)離れた地点を飛行中。長寿命の特殊な電池を搭載し、地球と定期的に通信している。知的生命体との遭遇に備え、地球の音楽や言語を録音したレコードも積み込んでいる。

 NASAは「ボイジャー1号は人類が最も遠くまで送り込んだ偵察隊。太陽風は劇的に減少しており、恒星間の空間が視野に入りつつある」としている。

(2013年6月29日11時21分 読売新聞)



==

2012年06月17日
「もうすぐ太陽圏脱出? ボイジャーの周りで宇宙線が急増」
http://knoike.seesaa.net/article/275644329.html

2010年12月14日
「ボイジャー1号、33年かけ太陽系の果てへ」
http://knoike.seesaa.net/article/173343659.html




【天文, 天体の最新記事】
posted by NOIKE at 21:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 天文, 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ボイジャー1号、太陽圏離れ未到の星間空間に」
Excerpt: 「ボイジャー1号、太陽圏離れ未到の星間空間に」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130913-OYT1T00388.htm 「 【ケンブリッジ(米マサ..
Weblog: とり茶
Tracked: 2013-09-13 13:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。