2013年05月23日

「BeagleBone Black 発売、進化して約半額になったカード大ARMコンピュータ」 旧版(白い基板)のほうを選ぶ理由がまったくないなー(^^;).

Web拍手:


「BeagleBone Black」
http://beagleboard.org/Products/BeagleBone%20Black

「BeagleBone Black 発売、進化して約半額になったカード大ARMコンピュータ」
http://japanese.engadget.com/2013/04/22/beaglebone-black-arm/


BeagleBone Black の仕様は、クレジットカード大の基板に SoCプロセッサ TI AM335x (ARM Cortex-A8コア1GHz駆動、PowerVR SGX530 グラフィック)、512MB RAM、2GB eMMCフラッシュメモリ、PRU 32bit RISC CPU x2、パワーマネージメント用のCortex-M3ほか。

I/O類は、USBホスト、USBクライアント、HDMI出力、イーサネット、マイクロSDスロット、従来シリーズ向けの拡張ボード(ケープ)が使える65ピン汎用拡張端子など。


旧版(白い基板)のほうを選ぶ理由がまったくないなー(^^;).



2GB の eMMCに Linux OS と開発環境 Cloud9 IDE、各種ソフトウェアやドキュメントなどをプリインストールしてあるため、開封から「3.14分以内」で即開発できるとうたっています。


3.14 って,Pi か!
Raspberry Pi への対抗意識かなー(^^;).


==

2012年10月11日
「BeagleBone」
http://knoike.seesaa.net/article/296823579.html




【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 20:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。