2013年03月30日

「新型抗うつ薬、効果なし?18歳未満「慎重に」」

Web拍手:


「新型抗うつ薬、効果なし?18歳未満「慎重に」」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130329-OYT1T01352.htm?from=rss&ref=rssad


厚生労働省は29日、1999年以降に承認された新タイプの抗うつ薬の投与について、18歳未満へは慎重に検討することを添付文書に記載するよう、日本製薬団体連合会に指示した。


 海外での臨床試験で有効性が確認できなかったための措置。対象となる抗うつ薬は6種類。商品としてはレクサプロ、ジェイゾロフト、サインバルタ、レメロン、リフレックス、ルボックス、デプロメール、トレドミンの8種類ある。

 厚労省は「すでに服用中の患者は自己判断で中止せず、医師の指示に従ってほしい」としている。

 神庭重信・日本うつ病学会理事長の話「効果が現れていないケースでも、服薬を突然やめると不安感やめまい、不眠などの中断症候群が現れる恐れがある。通常1週間ほどの減薬で中止できるので、主治医に相談してほしい」

(2013年3月30日08時59分 読売新聞)



通常1週間ほどの減薬で中止できるので、主治医に相談してほしい



SSRI とか SNRI とかに分類されるクスリ.




【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 13:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。