2012年06月29日

「時事通信が8人処分…共同記事をコピーし配信」

Web拍手:


「時事通信が8人処分…共同記事をコピーし配信」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120629-OYT1T01062.htm?from=rss&ref=rssad


時事通信社のワシントン支局記者が、記事の発信元を示すクレジットを「ワシントン共同」としたまま配信した問題で、時事通信社は29日、この男性記者(48)を休職1か月にするなど、8人の懲戒処分を発表した。


 処分を受けたのは男性記者のほか、原稿をチェックした外経部次長(52)(社員に降格)、配信を担当した整理部次長(53)(同)、監督責任で編集局長(減俸1か月)、編集局次長(けん責)、編集局総務兼整理部長(同)、外経部長(同)、ワシントン支局長(同)。

 また、中田正博社長が30日の株主総会で引責辞任するほか、谷定文・取締役編集担当が報酬(2か月)の一部を自主返上する。

 同社によると、男性記者は今月13日、米政府の経済制裁を巡る記事を書く際、共同通信社の記事をパソコン画面上にコピーして貼り付けた上から執筆し、「共同」のクレジットが残ったまま本社に送信した。外経部次長や整理部次長も見逃したという。同社は「記事の内容から、盗用ではないと判断した」としている。

 同社は昨年2月にも、ノルディックスキーのワールドカップの記事で共同通信社の配信記事を盗用したとして、運動部次長ら4人を処分している。長田浩一総務局長は「昨年に続いての事案で、極めて残念であり、関係者に深くおわびします」とコメントした。

(2012年6月29日19時55分 読売新聞)



==

2012年06月19日
「時事通信社、記事コピー問題などで社長退任」
http://knoike.seesaa.net/article/276070811.html

2012年06月14日
「時事通信、「共同」で記事配信…コピペ消し忘れ」
http://knoike.seesaa.net/article/274950883.html

2011年01月25日
「時事通信なのに末尾に(共同) 記事盗用発覚」
http://knoike.seesaa.net/article/182443022.html




【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 21:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。