2012年02月28日

歯から肝細胞(not幹細胞)が作れるのってすごいなー.メカニズムはわかっていなくても着々と実用化してほしいなー.

Web拍手:


「ライフワークの口臭研究…肝細胞できた」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120227-OYT1T00433.htm?from=rss&ref=rssad



 口臭の主な成分である硫化水素を使って、人間の歯の組織から肝臓の細胞を効率よく作ることに、日本歯科大の八重垣健教授(口腔
こうくう
衛生学)らの研究チームが成功した。


 虫歯の治療で抜いた歯を使って、肝細胞を作製することにつながる成果で、英医学誌に27日発表した。

 硫化水素は、卵の腐ったような臭いがする有害物質。研究チームは、歯の細胞に対する硫化水素の有害性を調べるなかで、細胞の変化を促す働きを発見した。

 研究チームは、歯髄と呼ばれる歯の内部組織から、様々な細胞に変化できる幹細胞を取り出し、化学物質などを添加することで肝細胞の作製に成功。さらに微量の硫化水素を加えたところ、2〜4倍効率よく肝細胞に変化した。硫化水素を加えた方が、細胞の形や肝機能も良かった。

 硫化水素が肝細胞に効率よく変化させるメカニズムは、詳しく分かっておらず、今後調べるとしている。

 八重垣教授は「ライフワークの口臭研究が、今回の成果に結びついた」と話している。

(2012年2月27日15時50分 読売新聞)



knoike / Kenzi NOIKE
歯から肝細胞(not幹細胞)が作れるのってすごいなー.メカニズムはわかっていなくても着々と実用化してほしいなー. ライフワークの口臭研究…肝細胞できた : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/5f7p9dmA at 02/27 18:16





【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 20:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「世界初、幹細胞1個から大腸修復に成功」
Excerpt: 「世界初、幹細胞1個から大腸修復に成功」 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4975083.html 「 大腸の元になる細胞である「幹細胞」1個を増..
Weblog: とりコー
Tracked: 2012-03-13 12:48

「iPS細胞からがん幹細胞、世界初」
Excerpt: 「iPS細胞からがん幹細胞、世界初」 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5002702.html 「 マウスのiPS細胞からがん幹細胞を作り出すこと..
Weblog: とりコー
Tracked: 2012-04-13 21:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。