2011年12月06日

「観測史上最大のブラックホール…二つも発見」

Web拍手:


「観測史上最大のブラックホール…二つも発見」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111205-OYT1T01203.htm?from=rss&ref=rssad



 観測史上最大のブラックホールを米カリフォルニア大などの研究チームが発見した。

 太陽の約100億倍の重さがあり、銀河がどのように形作られてきたかを解明する手がかりになる成果という。8日付の英科学誌ネイチャーに発表される。

 研究チームは、ハッブル望遠鏡や米ハワイ・ジェミニ天文台などで観測し、地球から3億2000万光年離れた銀河に、太陽の97億倍の重さを持つブラックホールを発見した。3億4000万光年先の銀河にも、同程度か、それ以上の重さのブラックホールがあった。これまでに見つかった最大のブラックホールは太陽の63億倍の重さ。

(2011年12月6日02時06分 読売新聞)





【天文, 天体の最新記事】
posted by NOIKE at 15:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 天文, 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。