2011年11月27日

「石油から「リレンザ」合成…安価な大量生産に道」

Web拍手:


「石油から「リレンザ」合成…安価な大量生産に道」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111126-OYT1T00493.htm?from=rss&ref=rssad



 石油を原料にして、インフルエンザ治療薬リレンザを化学合成することに、微生物化学研究所(東京都品川区)の柴崎正勝所長らのチームが世界で初めて成功した。


 安価な大量生産に道を開く技術で、耐性ウイルスが出現した際に素早く対応するための基礎技術にもなるという。

 チームが使ったのは、石油から安価に生成できる「ニトロブテン」と呼ばれる化学物質。酸性とアルカリ性の両方の働きをする独自の触媒技術を使って、リレンザを合成した。

 従来は発酵技術で作る「シアル酸」という原料から合成されてきたが、化学構造を変えるのが難しく、価格も高くつくのが難点だった。石油を原料にした化学合成によって、大量生産が可能になるほか、類似物質を簡単に作ることができるため、耐性ウイルスが出現しても、そのウイルスに対応した薬剤を素早く合成できる利点がある。

(2011年11月26日15時27分 読売新聞)





【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 02:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「鳥インフルウイルス、侵入危険度示す予測図作製」
Excerpt: 「鳥インフルウイルス、侵入危険度示す予測図作製」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121115-OYT1T01189.htm?from=rss&..
Weblog: とりコー
Tracked: 2012-11-16 20:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。