2011年11月19日

「手術後、体内にガーゼ置き忘れる…患者死亡」

Web拍手:


「手術後、体内にガーゼ置き忘れる…患者死亡」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111119-OYT1T00204.htm?from=rss&ref=rssad



 福岡大病院(福岡市城南区)は18日、今年5月に胸の大動脈手術を行った80歳代女性が術後に死亡し、体内に置き忘れたガーゼが原因だった可能性が高い、と発表した。


 遺族に経緯を説明し、謝罪した。

 発表によると、女性は重度の大動脈弁狭さくなどを患い、5月下旬に入院。胸の大動脈に人工弁を取り付ける手術などを行ったが、翌日に両足の太ももの動脈の拍動が弱まるなどしたため、足の手術を行った。だが、最初の手術から2日後に亡くなった。

 病院が調べたところ、手術に使ったガーゼが1枚なくなっており、コンピューター断層撮影法(CT)による腹部の画像に、ガーゼとみられる影があった。

(2011年11月19日11時53分 読売新聞)





【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 13:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。