2011年10月19日

「一時騒然、郵便局で赤痢疑いの検体が破裂」

Web拍手:


「一時騒然、郵便局で赤痢疑いの検体が破裂」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111018-OYT1T01169.htm?from=rss&ref=rssad



 18日午後3時50分頃、水戸市三の丸の水戸中央郵便局で「郵便物が破裂した」と男性局員から110番があった。


 水戸署員が駆け付けると、同局1階の保冷郵便室で郵便物内のプラスチック製容器が破裂し、アメーバ赤痢に感染した疑いがある患者の検体(約10ミリ・リットル)が飛び散っていた。当時、室内は無人でけが人はなく、感染の恐れもないという。

 発表などによると、郵便物は茨城県衛生研究所(水戸市)が国立感染症研究所(東京都新宿区)に送った段ボール箱1箱(縦横各20センチ、高さ15センチ)。中には、ドライアイスで覆った検体の容器を入れたプラスチック製容器が入っていた。同署はドライアイスが気化して膨張し、プラスチック製容器が破裂したとみている。

 県衛生研究所は「空気感染する恐れはなく、口などから直接体内に取り込まない限り感染しない」としている。現場は局員と客が全員、屋外に退避するなど一時騒然となった。

(2011年10月19日07時39分 読売新聞)



==

2011年10月19日
「郵便局でアメーバ赤痢?入り容器破裂」
http://knoike.seesaa.net/article/231139062.html




【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 15:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。