2011年10月12日

「立正佼成会病院で医療ミス、女性重体」

Web拍手:


「立正佼成会病院で医療ミス、女性重体」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4849742.html



 東京・中野区の立正佼成会附属佼成病院で先月22日、80歳の女性患者が胃の内視鏡検査をした際、医師(34)らが検査薬の酢酸を誤って7倍以上高い濃度で投与し、女性は小腸が壊死するなど重体となっていることがわかりました。

 女性は現在、別の病院の集中治療室で治療を受けているということで、病院側は医療ミスと認めたうえ、「責任を痛感し、再発防止策を徹底する」としています。(12日15:46)



【未分類の最新記事】
posted by NOIKE at 17:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック