2011年09月27日

「乳房再建の新手術システムを開発」

Web拍手:


「乳房再建の新手術システムを開発」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4837271.html



 女性のがんで最も多い「乳がん」。乳がんで乳房を切除する女性は年間1万7000人あまりいますが、失った乳房を元の形に近づける新しい手術システムが、厚生労働省の助成金で開発されました。

 乳がんで切除された乳房。この女性は、その失った乳房の「再建手術」を受けましたが、元の形にはほど遠いです。

 乳がんは、女性のがんで最も多く年間5万人を超えます。そのうち1万7000人が乳房を切除。さらに、乳房の再建手術を受ける人は2000人あまりとされます。

 しかし、これまでの再建手術は、形や大きさを医師の勘に頼っていたため、形が不ぞろいになるケースが多く見られました。

 「早期の段階で、これだったら病院に行ってみようと言っていただける患者さんも増えるだろうと」(市立四日市病院・武石明精医師)

 今回、武石医師らが開発したシステムは、まず、残った乳房で胸の型を取る。そこに自分の身体からとった脂肪を入れて量を計り、形を整えるというものです。こうした方法での再建手術は、世界で初めて開発されたものだといいます。

 武石医師は、このシステムを普及させて、乳房を切除した女性の喪失感を少しでも軽減したいとしています。(27日16:51)




この程度の話が "世界で初めて" というあたりから,いままでいかに軽んじられてきたのかが想像できる.
"人工の腱できちんと吊り直す" みたいな手法って,まだ誰もやってないのかなぁ?


==

2011年01月03日
「乳房再生、本人の幹細胞で治験へ…九大など」
http://knoike.seesaa.net/article/178224696.html




【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 23:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「乳がん再発、完全防止の可能性…「幹細胞」解明」
Excerpt: 「乳がん再発、完全防止の可能性…「幹細胞」解明」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120402-OYT1T01242.htm?from=rss&..
Weblog: とりコー
Tracked: 2012-04-06 13:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。