2011年09月09日

「乳がん増殖見えた!ノーベル賞の田中さん新装置」

Web拍手:


「乳がん増殖見えた!ノーベル賞の田中さん新装置」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110909-OYT1T00344.htm?from=rss&ref=rssad



 ノーベル化学賞(2002年)の田中耕一・島津製作所フェローは8日、同賞受賞につながった質量分析装置を改良し、分析感度が最大1000倍に向上したと発表した。


 この装置で、乳がん患者のたんぱく質に付いた生体物質(糖鎖)の判別に世界で初めて成功、患者によって糖鎖の種類が異なることを突き止めた。今後、糖鎖の種類によって抗がん剤の効き具合に差が出るのかを調べる。

 質量分析装置では、試料をイオンの状態にする。田中フェローらは、イオン化を促す化合物を、これまでの固体から液体に変えるなどし、分析感度を上げた。

 この装置を乳がん患者2人のがん細胞分析に応用した。京都大との共同研究で、たんぱく質表面に付き、病気の発症などに影響する鎖状の糖鎖に着目。乳がん細胞の増殖に関わるたんぱく質の糖鎖を分析した結果、感度が上がったことで、それぞれの糖鎖の種類が違うことがわかった。

(2011年9月9日11時05分 読売新聞)





【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 11:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「乳がん再発、完全防止の可能性…「幹細胞」解明」
Excerpt: 「乳がん再発、完全防止の可能性…「幹細胞」解明」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120402-OYT1T01242.htm?from=rss&..
Weblog: とりコー
Tracked: 2012-04-06 13:29

「がん細胞に吸収されやすい人工「ペプチド」開発」
Excerpt: 「がん細胞に吸収されやすい人工「ペプチド」開発」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120719-OYT1T00268.htm?from=rss&..
Weblog: とりコー
Tracked: 2012-07-19 20:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。