2011年09月06日

結局のところ,2.5 TB HDD を USB 2.0 で使えるように,「裸族のお立ち台クーリングファン USB3.0&eSATA(CROSEU3FD)」と「裸族のお立ち台USB3.0(CROSU3)」を買ってしまいました.

Web拍手:


http://knoike.seesaa.net/article/217461607.html
の続報.


結局のところ,2.5 TB HDD を USB 2.0 で使えるように,

o 裸族のお立ち台クーリングファン USB3.0&eSATA(CROSEU3FD)
http://www.century.co.jp/products/pc/hdd-kit/35satahddusb30-1/croseu3fd.html



o 裸族のお立ち台USB3.0(CROSU3)
http://www.century.co.jp/products/pc/hdd-kit/crosu3.html

を買ってしまいました.

http://www.century.co.jp/products/pc/2tb3tbhdd/
↑に載っているデバイスの中から,予算とにらめっこして選んだ.


クーリングファン付きのほう(CROSEU3FD)は,USB 2.0 接続で,何も問題なくすんなり使えた.
おそらく,eSATA 接続でもすんなり使えるのではないかと思う.
そのうち,テレビ録画サーバにつないで使うことにしようと思う.
夏の暑さが年々ひどくなっていくので,ファン付きのほうをサーバ用にするのが,HDD の健康によさそう.


「裸族のお立ち台USB3.0(CROSU3)」のほうは,2.0 TB 超え HDD が扱えるようになるまでに,ちょっとハマってしまった.
外箱に「3TB HDD 対応」のシールが貼ってあるのだけど,ファームウェアをアップデートするまでは 3TB HDD に対応していないっぽい.
「3TB HDD 対応」のシールが貼ってあることにすっかり安心してしまって,余計な試行錯誤をしてしまったよー.
せめて,注意書きのペラ紙を箱の中に入れておいてほしーなー.何も無いんだもの.
気づかないで不良品扱いした人も多いと思う.
ひょっとしたら,すでにデータのある HDD の中身を壊しちゃった人もいるかもしれないよねぇ.

ファームウェアのアップデートの手順は,
http://www.century.co.jp/support/download/crosu3up.html
にあるとおり.
アップデートするためには,中身を壊しても後悔しないような 2.0 TB 以下の SATA HDD が必須.
この「裸族のお立ち台」は,HDD が挿さっていないと,PC からは USB 機器としてきちんと認識されない.
ファームウェアをアップデートする前の状態では,2.0 TB 超え HDD を挿しても認識されない.
ということで,使いたいと思っている 2.0 TB 超え HDD とは別に2.0 TB 以下の HDD が必要
そういう準備ができない場合は,メーカーに「2.0 TB 超え HDD を使えるようにファームウェアのアップデートしてくれー」と送ってしまったほうがいいと思う.
特に,Windows マシンが手元にない Mac ユーザは,そうするしかない.

私は,中身を壊しても後悔しないような 2.0 TB 以下の SATA HDD を用意できたので,自分でファームウェアのアップデートをしてみた.


アップデート前:
01_before.png


1.
http://www.century.co.jp/support/download/crosu3up.html

からダウンロードしてきた lp110708.exe を実行(展開)して,UPDATE_FIRMWARE.bat を実行.

2.
「裸族のお立ち台」の電源を切る.(一旦電源を切らないと,新しいファームウェアが有効にならない)

3.
「裸族のお立ち台」の電源を入れる.

4.
PC を(Windows を)再起動する.


アップデート後:
02_after.png


REV が,2303 に 2580 になりました.
これで,2.0 TB 超え HDD が USB 2.0 接続ですんなり使えるようになりました.
今回は,センチュリーダイレクトというセンチュリーの直販ネットショップで買ったのだけど,ファームウェアをアップデート済みの製品を出荷して欲しいよねぇ.
あるいは,「3.0 TB HDD 対応」シールは,「アップデートによって 3.0 TB HDD 対応可能」くらいにしておいてほしーなー.


フォーマット前:
03_before_format.png

フォーマット後:
04_after_format.png


スキャンディスク前:
05_pre_scandisk.png

スキャンディスク後: 2.0 TB 超領域に正常にアクセスできたので,空き領域が 280GB だけで残りは使用領域であるかのような誤認識はされず,正常に全領域を使用できる.
06_after_scandisk.png
















==

2011年07月30日
イケメンではないけれど,2.0TB 超え HDD の扱い事情が,ようやくわかってきた. 私の理解も手順も間違ってはいなくて,「USB → SATA(eSATA)変換ブリッジの対応状況次第」でちゃんと使えるようになる,ということらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/217461607.html

2011年07月29日
うーん,データを失うのはイヤだから,フツーに SATA(eSATA)接続して使うことにしよう... .
http://knoike.seesaa.net/article/217359885.html

2011年07月29日
WD の SATA 2.5TB HDD WD25EZRS を買ってみた. 「USB 2.0 → SATA 変換アダプタ」で 2.5TB HDD として使えるようにするまでに少しだけ手間取ってしまったので,メモ書き.
http://knoike.seesaa.net/article/217349276.html




【コンピュータの最新記事】
posted by NOIKE at 14:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Buffalo の HD-WL4TSU2/R1 は,「2.0 TB 超え HDD も扱える RAID1 ボックス」として使えそうです.
Excerpt: noike.info サーバでは,/home を割り当てる RAID1 ボックスとして「裸族の二世帯住宅 (CRNS35EU2)」を使っています. この RAID1 ボックスは,3月と4月の地震のとき..
Weblog: とりコー
Tracked: 2011-10-06 04:47

Buffalo の HD-WL4TSU2/R1 は,「2.0 TB 超え HDD も扱える RAID1 ボックス」として Linux からも使えました.
Excerpt: Buffalo の HD-WL4TSU2/R1 は,「2.0 TB 超え HDD も扱える RAID1 ボックス」として Linux からも使えました. Kernel からは「"BUFFA..
Weblog: とりコー
Tracked: 2011-10-08 00:52

SATA → eSATA ケーブル
Excerpt: 「シリアルATAケーブル SATA eSATA変換 1m」 書き忘れていたけれども,マザーボードの SATA 端子から Buffalo の HD-WL4TSU2/R1 の eSATA 端子までの..
Weblog: とりコー
Tracked: 2011-10-09 20:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。