2011年01月03日

「乳房再生、本人の幹細胞で治験へ…九大など」

Web拍手:


「乳房再生、本人の幹細胞で治験へ…九大など」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101231-OYT1T00680.htm?from=rss&ref=rssad



 乳がんで乳房を切除した患者のため、九州大や大阪大などは今春に複数の国立大や医療機関などによる研究組織を設立し、来年3月までに本人の幹細胞を使って乳房を再生させる治験(薬事法に基づく臨床試験)に乗り出す方針を決めた。


 国の承認を受けるためのデータを集め、健康保険が適用される医療を目指す。

 乳房修復は現在、シリコーンや本人の脂肪移植が主流。しかしシリコーンには感染症の危険性、脂肪は体内に吸収され効果が持続しないなどの欠点がある。また健康保険も適用されない。

 一方、幹細胞は体を作る大もとの細胞で特定の細胞に変化したり自分をコピーしたりできる。九州大などの再建法は、本人の腹部から200〜400ミリ・リットル前後の脂肪を採取。専用の分離器で幹細胞を多く含む細胞群を取り出し、乳房を失った部分の筋肉と皮膚の間に2〜3ccずつ30〜40回注入、生着すると修復される。拒絶反応が起きにくく、より自然な形になるという。

(2011年1月2日17時17分 読売新聞)





【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 17:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「乳房再建の新手術システムを開発」
Excerpt: 「乳房再建の新手術システムを開発」 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4837271.html 「  女性のがんで最も多い「乳がん」。乳がんで乳房を..
Weblog: とりコー
Tracked: 2011-09-27 23:16

「乳がん再発、完全防止の可能性…「幹細胞」解明」
Excerpt: 「乳がん再発、完全防止の可能性…「幹細胞」解明」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120402-OYT1T01242.htm?from=rss&..
Weblog: とりコー
Tracked: 2012-04-06 13:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。