2010年05月20日

「歯茎からiPS細胞作製へ 阪大が承認」

Web拍手:


「歯茎からiPS細胞作製へ 阪大が承認」
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100519/scn1005192038001-n1.htm



 大阪大の研究倫理審査委員会は19日、歯周病やインプラント(人工歯根)の治療、抜歯の際に切り取った歯茎の組織から新型万能細胞(iPS細胞)をつくる同大大学院歯学研究科の江草宏助教らの研究を承認したと発表した。
 切除した歯茎の組織は捨てられていたといい、江草助教は「患者の負担を最小限にiPS細胞ができれば、再生医療に大きな貢献をできる」としている。人での成功例の報告はないが、マウスでは皮膚の細胞から作製するよりも7〜10倍効率良くつくれるという。
 江草助教によると、同大歯学部病院を受診した患者に同意を得た上、歯茎の組織から細胞を分離して培養。iPS細胞を開発した京都大の山中伸弥教授の技術を使い、この細胞からiPS細胞をつくり、マウスに移植して万能性を確認、あごの骨の再生医療などにつなげたいとしている。



==

「マウスiPS細胞から内耳の細胞…難聴治療に道」
http://cancoffee2.at.webry.info/201005/article_43.html

「皮膚や骨髄に「万能細胞」…課題は増やし方」
http://cancoffee2.at.webry.info/201004/article_84.html

「インクジェットプリンタのように皮膚を「印刷」して火傷を治療する装置が実用化間近」
http://cancoffee2.at.webry.info/201004/article_53.html

「培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損」
http://cancoffee2.at.webry.info/201003/article_87.html

「人のES細胞から大脳組織を作製」って,
http://cancoffee2.at.webry.info/200811/article_48.html











--


【医療, 薬, 病院の最新記事】
posted by NOIKE at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(5) | 医療, 薬, 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「iPS細胞でのがん治療に光 理研がマウスで成功」
Excerpt: 「iPS細胞でのがん治療に光 理研がマウスで成功」 http://sankei.jp.msn.com/science/science/100602/scn1006020100000-n1.htm ..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-06-02 20:09

「ついに!ES細胞使ったヒトへ世界初の臨床試験」
Excerpt: 「米でES細胞を使った初の臨床試験開始 脊髄損傷患者に」 http://sankei.jp.msn.com/science/science/101012/scn1010120129001-n1.htm..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-10-12 17:35

「京大と仏企業提携、iPS細胞で共同研究」
Excerpt: 「京大iPS特許、仏バイオ企業と契約 初の治療薬」 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101018/biz1010181501009-n1.htm ..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-10-25 18:47

「iPS細胞使わずに「血液細胞」作製成功」
Excerpt: 「iPS細胞使わずに「血液細胞」作製成功」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101108-OYT1T00168.htm?from=rss&ref..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-11-08 08:57

「ES細胞の臨床試験、米企業が2例目開始へ」
Excerpt: 「ES細胞の臨床試験、米企業が2例目開始へ」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101122-OYT1T00922.htm?from=rss&re..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-11-23 20:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。