2010年05月28日

同世代の人と話がかみ合わないことが多く,若い人とは話がかみ合うことが多いのは,自分が悪いのだろーか.

Web拍手:


同世代の人と話がかみ合わないことが多く,若い人とは話がかみ合うことが多いのは,自分が悪いのだろーか.
若い人とはすぐに問題そのもの話や,解決方法そのものの話に入れるのに,同世代の人とは,大前提から話なおさないといけないことが多い.
しんぼうして話を続けても,若い人たちから得られるような現実的な解や,妥当な解を得られずに,時間だけを浪費することもある.

A. 私が年相応に成長できていない
B. 私が若い人並の思考で,衰えていない
C. 「同世代の "話がかみ合わない人"」は,実は老害化しつつある人である

どれでもいいけれど,なんだか,もう,コミュニケーションコストの高さの割に結論が大した品質でない人が同世代に多くなってしまって,うんざりしてしてきた.
それでも,しんぼう強くコミュニケートしていつづけなければいけないのだろーか.


==

「継続は力なり」は,必ずしも真ではなくなったと思う.
http://cancoffee2.at.webry.info/201005/article_82.html

私もこれは無駄だと思う. というか,かえってよくないやり方だと思う.
http://cancoffee2.at.webry.info/201005/article_127.html

「自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる」
http://cancoffee2.at.webry.info/201005/article_81.html

「薬の福太郎」に,感心な若者店員がいた.
http://cancoffee2.at.webry.info/201004/article_120.html

「若者のなんとか離れ」よりも「中高年の現実離れ」のほうが問題.
http://cancoffee2.at.webry.info/201004/article_108.html

「ゆとり教育世代をバカにする "使い物にならない管理職世代"」の典型例か.
http://cancoffee2.at.webry.info/201004/article_19.html

ゆとり教育世代の若者よりも,その世代をバカにする管理職世代のほうが使い物にならない.
http://cancoffee2.at.webry.info/201003/article_182.html

山崎バニラみたいな人が,少なくなったなぁと思う
http://cancoffee2.at.webry.info/200809/article_28.html

高校生のほうが立派
http://cancoffee2.at.webry.info/200804/article_86.html

「日本人は乗っていませんでした」じゃなくてさ
http://cancoffee2.at.webry.info/200605/article_285.html

直球好き
http://cancoffee2.at.webry.info/200605/article_172.html











--


【憂さバケツの最新記事】
posted by NOIKE at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(3) | 憂さバケツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

私も「2000円返すので,飲み会不参加でお願い」と言う. そういうことに時間と精神力と体力を使うことがもったいない.
Excerpt: 「「若者は飲みニケーションが足りん!」 全職員に飲み代2000円支給…杜の都信金」 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1511648.html 私も..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-07-25 03:28

そうか.昔の飲み会と違って「かえってあとがたいへんになる」から,私も苦痛になってきたんだ.
Excerpt: そうか.昔の飲み会と違って「かえってあとがたいへんになる」から,私も苦痛になってきたんだ. 昔の飲み会は,会自体が楽しかったし,話に付き合ったりすれば,その後よきにはからってもらえたりしたものだけど..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-07-25 04:00

大前提として,昔と違って,昇進することのメリット/デメリットのバランスが異様に悪くなったというのがあるかもしれない.
Excerpt: 大前提として,昔と違って,昇進することのメリット/デメリットのバランスが異様に悪くなったというのがあるかもしれない. つまり,昇進することに意義を見いだせなければ(昇進するほうが自分にとっては損だと..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-07-25 04:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。