2010年03月17日

「培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損」

Web拍手:


「培養続けたiPSに異常 遺伝子に繰り返しや欠損」
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100317/bdy1003172246003-n1.htm



 人の新型万能細胞「iPS細胞」を体外で培養し続けると、遺伝子の一部が増えたり欠損したりする異常が起きるとの研究結果を、東京大病院の小川誠司特任准教授と東大医科学研究所の中内啓光教授らがまとめた。
 がん細胞でみられる塩基配列の繰り返しなどの遺伝子異常もあり、将来iPS細胞による治療では、こうした異常のない正常細胞を使う必要があるという。18日から広島市で開かれる日本再生医療学会で発表する。
 研究チームは、11人の体細胞から作製されたiPS細胞42株の遺伝子を調べ、一部の遺伝子が増えたり欠損したりする異常が12株で見つかった。6〜63回植え継いだ株だった。人間の体内では免疫機能などによって異常な細胞は排除されるが、体外培養ではそうした仕組みが働かず、異常なiPS細胞が増えるらしい。



そういう傾向が本当にあるのか,成果出しのいがみ合いなのかが,これから数年以上をかけてわかっていくんだろうな.











--


【日常の一コマの最新記事】
posted by NOIKE at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日常の一コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「マウスiPS細胞から内耳の細胞…難聴治療に道」
Excerpt: 「マウスiPS細胞から内耳の細胞…難聴治療に道」 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100514-OYT1T00082.htm?from=rss&ref=..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-05-14 04:21

「歯茎からiPS細胞作製へ 阪大が承認」
Excerpt: 「歯茎からiPS細胞作製へ 阪大が承認」 http://sankei.jp.msn.com/science/science/100519/scn1005192038001-n1.htm --
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-05-20 07:35

「iPS細胞でのがん治療に光 理研がマウスで成功」
Excerpt: 「iPS細胞でのがん治療に光 理研がマウスで成功」 http://sankei.jp.msn.com/science/science/100602/scn1006020100000-n1.htm ..
Weblog: とりコー
Tracked: 2010-06-02 20:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。